「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


明るく喜んで

a0047772_9522862.jpg12月18日、角田恭恵法人スーパーバイザーをお迎えし、テキスト研修『自他共尊』。「共命之鳥(ぐみょうしちょう)」美しい羽毛をもち、きれいな声で鳴く鳥がいます。体が一つで頭が二つある奇妙な鳥です。頭が二つあるため喧嘩が絶えません。片方の頭が間違えて毒を食べたことで苦しんでいることを、もう片方の頭は喜んでいたが身体が一つであるために同じように苦しむことになる、お話しがあります。人は別々であるということではなく、人は鏡であるということ。自分の心が全てである。自分の心は「人」に対しては鏡である。「物」に対しては、扱う人の心が反映する。「肉体」は心の通りに変わる。「自然」に対しては変わらないものに不足不満を思うものである。奇跡の星といわれる地球は、太陽から丁度バランス良い位置にあり、太陽エネルギーから与えられる第六感の「気づき」は6番目の感覚というものではなく超感覚である。その気づきを得るために、心を明るく活き活きとさせる。気づきの第一歩は目覚めですから目が覚めたらサッと起きる。大宇宙生命の無限の愛によって全てのものが生成発展して行くようになっています。それが、我がままになって朝寝坊をしてしまっている始末です。
10代遡れば2,000人の先祖様。20代遡れば209万人。25代に遡ればおよそ700年前になり、およそ6,700万人の先祖様になり、誰一人欠けても今の自分は居ない。そのいのちに感謝する。己を尊ぶ。

a0047772_953156.jpg
翌朝のモーニングセミナーのテーマは『恩意識を高める』
倫理歴24・5年。夫の会社倒産から、倫理を学ぶ切っ掛けになった。倫理を学び、当たり前ことで見過ごしてしまいがちなことを、倒産によって気づかせて頂けた。夫が起業して、会社はトントン拍子で順調に伸びる。そこに落とし穴があり、連帯保証で倒産。取り立てが厳しくて、逃げるような生活をして、部屋の後片付けしていたら、倫理研究所発刊の月刊紙「新世」が出て来た。誰からか頂いたもので、パラパラとめくると・・・苦難は幸福の門。苦難が大きければ大きいほど良い・・・と書いてある。これが倫理との出会いになります。この言葉に興味を持ち“朝の集い”(一般生涯局の朝の毎日の勉強会)に通うようになりました。朝5時からの勉強会とは考えても見なかったことで、夫をすべてよいと受け止めるように教えらるが、夫の欠点ばかり見ていた自分に気がつき、何でも受容する「ハイッ!」の実践と、発動の挨拶の実践をするようにしました。
自分のためにだけしていた働きを、世のために働くようになって会社は再起し回復に向かって行く。朝一番のトイレ清掃・道路清掃など、どうせするなら明るく喜んでする。親孝行のために借金までして新築する。その時の棟梁の、行き届いた清掃と丁寧な仕事ぶりも、見えなくなってしまう土台に心を入れて行くという言葉に心を打たれる。
恩意識を高め、親のために親孝行するのではなく、自分のためにするのである。親孝行を家族ですることにより、家庭がよくなり、高校を中退してしまった長男も、今では自分の道を見つけ自立して行ってくれている。
恩意識を高めることにより、周りが今までと変わってくる。
何事も明るく喜んでする!
[PR]
by 7584tyuo | 2007-12-21 09:53 | イブニングセミナーとMS | Comments(2)
Commented by 吉川正敏 at 2007-12-24 17:43 x
こんにちは、西三河倫理法人会の吉川正敏です。中央倫理法人会のブログは素晴らしいです、楽しみにして見ています。
角田講師は、愛知県ただひとりのスーパーバイザーであります。訂正して下さい。
Commented by 7584tyuo at 2007-12-25 14:28
ご指摘ありがとうございます。
<< 2008年1月の予定表 『戦後半世紀・日本人の忘れ物』... >>