「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


物理性心理学を学ぶモーニングセミナー

10月7日のモーニングセミナーは生物性心理学チーフトレーナー 豊福桂司様を講師に迎え「生き活きライフ」をテーマにお話しくださいました。
生命科学者、蔵本天外氏と出会い、蔵本氏から教えて頂いたことをお話しして行きます。心理学というと解り辛いところがありますが、それを解りやすくするために物理の面から見て行く心理学と思って下さい。
a0047772_1535025.jpg日本では「言霊」というように、感性も言葉や言語として人は持っています。「これが欲しい」とか「美しい花」と直接的に言葉で表現できるのも人間だけです。
話していることばでの「言葉」と「言語」の違いは、「言葉」⇒暗記、「言語」⇒意味・内容。「いいくにつくろう鎌倉幕府」とは暗記しているだけで、鎌倉時代のことは解っていないので、「言語」ではなく「言葉」である。「さようなら」という別れの言葉で持つ印象は、別れる淋しさがありますが、「さようなら」の本当の意味は、「さようならばまた会って話をしましょう。」と言った言葉が短くなって「さようなら」となっただけ。「おはよう」の本当の意味は、朝早く暗いうちに起きて門を開き、そこに人がいてビックル「お!早やくから、ようがんばっているな〜」の意味。言葉の意味を知ると⇒言語になる。ですから「さようなら」の本当の意味を知って話すことによって、自分の気力も上がり、それを聞いた相手も気力をよくなる(その人体実験も行いました)。
時間が無いので、重要な部分だけ話進めます。
「成功」とはなんですか?お金持ちになることが果たして「成功」でしょうか?「成功」とは⇒全ての法則を識り(知識として知ること)、意識が無意識をコントロールできる心理状態。意識とは自分の考え方によって行動していることで、それを練習することによって、イチローはジンクスを持っていて意識してジンクスの法則を利用し、それを無意識のうちの行動ができるようになっている。「意識」は考え方であり、「無意識」によって行動をとっている。ですから、意識が無意識をコントロールできるようになるのです。
a0047772_15354986.jpg
では、「本気」とは何でしょう?「本気」は本然の気力であり、宇宙の流れである。例えば、地球はマッハ1.6にスピードで回転しているが、慣性の法則によって、宇宙に投げ出されることなく、今ここに止まっているという、宇宙の流れがあります。
本然は⇒自然となり⇒必然⇒当然となる。(ホワイトボードの覚書きをご覧下さい)
本然とは⇒生成と還元(生き物が自然生まれ、自然に還って行くこと)⇒そこから最終価値を見いだし、それが安らぎとなるのです。
自然は⇒原理⇒快と不快(共感できないだけ)がある⇒目的となり、それには、達成感や満足感や幸福感を味わうことができ、自らの内なる、内的報酬となるのであります。これをゴール設定と言い、自らの課題となるのです。
必然は⇒法則ですから⇒喜怒哀楽があります⇒それが目標であり、それには地位・名誉・財産・成績等がえられます。それは外的報酬であり、目先の目標設定であります。それが問題意識となります。
当然は⇒現象であり⇒情操感情がともない⇒やるべき事なのです。
オリンピック選手の目標は金メダルだあったりしますが、ただ金メダルが欲しいだけであるのならば、お金を出して作ったり買ったりすればよいのですが、??そうではないはずです。内的報酬の達成感を得たいからではないでしょうか。ですから、私たちは、目標設定をして問題視してしまいますが、本来はゴール設定の目的を課題として持つ「意識」が大切なのです。(それを、身体がどう受け止めているか、現象確認実験を実際に行ってみました。)
私たちは、常に自分にも相手にも役に立つ意識を持つ事です。それが、人に役立つ事です。

今回は、人体実験を含め、目からウロコのお話しでした。
[PR]
by 7584tyuo | 2009-10-08 11:13 | MSゲストスピーチ | Comments(0)
<< 個性を酒造りに活かす 10月の予定表 >>