「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 33 )

加賀屋 小田禎彦様「おもてなしのと経営活性」

2017年1月7日愛知県倫理法人会 新年互礼会 特別講演会
(株)加賀屋 代表取締役相談役 小田禎彦様「おもてなしのと経営活性」

a0047772_181461.jpg七尾市倫理法人会に所属し、倫理法人会は朝が早いので、夜は早く切り上げるようになる。そんなことを体験すると、早く起きないと損失が多いこと気づくことです。
自分の経験からお話しすると、能力開発には五つの力が必要である。
【1】聞く力(見る力聞く力)【2】記録する力(すぐ記録する)【3】考える力(見返しながら考える力、地に足をつけて考える)【4】時間力(お金を時間に換算する力で時間を有効に使う、倫理法人会の朝を生かす)【5】説得する力(社員を説得する力など)
これらは、倫理法人会の運営でも参考になることである。倫理を広め倫理法人会を利用し活用する人を広めることも、ビジネスに活用出来ることです。
北陸新幹線効果は予想以上にあった。それを継続し拡大していくには、観光だけでなく来ていただいた方に満足していただくことです。
アンケートでは86.2パーセントの方が満足と答えた。それを一地区だけでなく広めることが課題です。能力開発の五つの力を上げていく。お客が多くなると対応の遅れが出てくることも課題です。
加賀屋は110年前に祖父が創業し、現在は800名の人員で運営している。すべてに、おもてなしの力を浸透させる。
政治家の娘を嫁にもらい、新米の女将は何をしていいのか大失態の連続であった。お客に即座に不満を持っていただかないように考えたのが、「笑顔」「気ばかり」「気くばり」である。従業員に対しても、実の親より心くばりをして「親より心配してくれる」という心持ちになれば、この人にために一所懸命働こうという気持ちになる。

a0047772_1813429.jpgお客様に対しては「NO!」と言わない。部屋へは10回通う。お客の望むことをする。望まないことはしない。それらを徹底してきた。
ロボットは正確にできるが、人が温かく接することを誰しも望む。
年間30万人の人が訪れ、アンケートに8%の方が答えていただける。これが貴重な情報となる。ニーズの多様化し味付けや飲み物の多様化にもついていかなければならない。「できない」の言い訳は避けるべきである。
そんな、おもてなしサービスの輸出の依頼も来るようになった。
新幹線は、地方が元気になり、おもてなしの心で接する。
おもてなしとは、対価を求めず、相手の喜ぶことをする。
サービスは、タダで品物を提供することではなくおまけでもない。サービスの使い方が違っている。サービスとは「プロとしてくんれんされた社員が給料を頂いてお客様のために、正確にお役に立ってお客様から感激と満足感を引き出すこと」
サービスの本質は「正確であること」「ホスピタリティー(相手の立場に立って思いやる心)」
人を相手にするビジネスは66%あり、サービスがキーワードになる。そのサービスを競い合うこと。
説得力をもつ商売は繁盛する。商売繁盛するには、お客様の抱えている問題を解決することです。それを商売とすることになる。それには(1)気持ちをひとつにしてコントロールできる組織をつくる。(2)ターゲットを固める。(3)お客様の問題を解決する能力を持つ。(4)リソース&ユースのノウハウを確立できる。
国の光を観ることが「観光」です。
そして、人の求めるものに対して満足に対応出来る組織。お客様の時間の消費することを販売することです。
すべての商売に通づることです。
a0047772_1815297.jpg
















[PR]
by 7584tyuo | 2017-01-10 17:59 | Comments(0)

平成28年「倫理経営講演会」

a0047772_19194360.jpg














.
[PR]
by 7584tyuo | 2016-03-29 15:49 | Comments(0)

愛知県倫理法人会名古屋北地区主催の特別セミナー

2月24日、ウインクあいちにて、愛知県倫理法人会名古屋北地区主催の特別セミナーを開催。
~子ども達、孫達に明るい未来を残すために何をすべきか~「杉並区を蘇生させた灼熱の男が語る〝日本創生〟」前衆議院議員 前杉並区長 山田宏様

a0047772_15155959.jpg選挙に何回か立候補して3回落ちた経験があります。落選すると収入がなくなりますが、税金は前年度の収入で評価されて請求がきます。払えないから区役所に相談行き、そこから区役所が嫌いになった。周囲から区長に立候補を勧められるが、断り続けた。
経営者だったら、会社が赤字だったら経費を減らすが、政治は経費を減らさないで、増税をする、借金を増やすシステムになっている。これは!おかしいのではないか??
物事を成すには覚悟をすること。覚悟を決めて、区議員から区長になった。
誰でも最初は素人、素人だからいい。思いきった発想で取り組むことができる。仕事でも素人がいい。
自らの給与の削減をしようとしても、いろいろな障害が出てくる。今までのシステムの温存している人からは猛反対である。
赤字の財政を見直すために、歳出の15パーセント削減を目標にするが、これにも猛反発をされるが、覚悟を決めて、断行していく。
政治には「医者と坊さんは敵に回すな」といわれているようで。医者や坊さんに「今の区長はダメだ!」と言われたら、今度の選挙は必ず落ちるからである。

a0047772_15163119.jpg15パーセントの削減で、危機感を共有してもらう。ここだけはという、例外をなくす。
(その他、常識にとらわれることなく、良いことには偏った反対があっても、いろいろの改革に取り組まれてこられました。区役所の土日開庁。独自の教師養成機関。学校給食業務の民間委託で、レベルアップと経費削減。等々)
次回の選挙の落選覚悟で改革をする。リーダーには開き直りと覚悟が大切。
1000人職員を減らす。借金を減った分を貯める。それを減税に回した。
未来を担う子供達のために、教育に重点をおく。自分のことを好きになれない生徒が多い。押し付けの教育ではなく、子供のいいところ見つける。教育に力をつける。
当選を考える政治ではなく。改革に覚悟と情熱を持って取り組むこと。






















.
[PR]
by 7584tyuo | 2016-02-26 15:17 | Comments(0)

平成28年新年互礼会

平成28年新年互礼会1月8日 名古屋東急ホテルにて会員350名余りが集い開催。

a0047772_141542.jpg 第1部新年互礼会、村山明子会長の新年の挨拶では、生活法則である純粋倫理を基底に誇りを失った現在の日本を、原点に蘇らせなければなりません。今こそ灼熱の思いを行動に、会員社数3,232社を達成して、8月には愛知県倫理法人会の35周年を迎えたいものです。と、述べた。

a0047772_1422896.jpg  一般社団法人倫理研究所 法人局普及事業部 三浦貴史東海北陸方面長より、倫理経営の指針となる資格RINRI17000更新した(株)ミヤセ自動車 宮瀬文夫様、(株)山信商店 山中浩晃様に認定証を授与。
 
a0047772_14543626.jpg挨拶では、新年の「新」には本にかえるという意味があり、無かったモノが新しくが現れるのではなくて、本来あって隠れていたものがあらわになることです。清浄無垢の本来の自分にかえり、愛知県倫理法人会の本来の力を余すところなく発揮してほしい。と、述べた。
a0047772_1431239.jpg

 各地区長決意では、役割を明確にし、各単会の特長を出して、各単会が励ましあって、未来の子供達が安心して生活できる日本するためにも、普く地域に人に企業に純粋倫理を伝えることに、夢は限りなく取り組んで行くことを誓い合った。
 第2部新年特別講演会は、東洋思想家 境野勝悟様を講師に迎え、テーマに「日本人の心とは何か」
 a0047772_1435199.jpg私は22から40歳まで高校の教師をしていました。その高校はキリスト系の学校でヨーロッパの方が、日本のどんなところに興味のあるのか関心があった。キリスト系の学校へ行っているならば、キリスト教徒に なるのが本来であるが、私は学校が終わってから山寺へ行って座禅をしていた変わり者で、何故か違和感を持っていた私でした。しかし、生徒には人気があった。
 卒業式にドイツ人の校長が「さよなら」の意味がわからないから、日本語の「さよなら」のかわりに「グットバイ」を言うと言って、卒業式の挨拶をしていた。
その校長の卒業式の挨拶を、日本人の教頭が校長のスピーチを褒めるから厄介のことになる。「グットバイ」の語源の「godーbye」は神の近くに居るという意味。
多くの日本人は「さよなら」の本来の意味が知らないように、日常生活の言葉の意味がわからない言葉がいっぱいある。「こんにちは」「いただきます」「ごちそうさま」など。
日本では、学校で日本人とは何かを教えて無い。日本人は自己紹介で「私は日本人です」と言わないのも不思議であると感じていた。日本の良さを教えていないからである。マスコミでも、日本のダメなところだけ取り上げる傾向がある。
 私は、ドイツ人の校長にいわれて「さよなら」の意味調べ上げるのに、20年かかった。
「さよなら」の意味は、「そうであるならば、」「さようであるならば、」という意味で、縮めて「さらば」とも言う。「さようなら」は、別れの言葉のなかで世界で一番美しい言葉です。この頃使わなくなった「さようなら」をもっと使いましょう。
日本人というものが、何かがわからないと、「さようなら」がわからない。
 日本人が大切のしたのは、「恩」である。「恩」は因に心がついているから「いのち」のことである。また、人は太陽があるから生きていけるから、太陽を大切にした。日本人は、日が本であると2000年前から理解してきた。「いのち」の本は太陽であると知っていた。
 
a0047772_1444715.jpg日本人が大切にしてきた一番が太陽で、二番目に大切にしたのは自然を畏敬してきたこと。水を山を木々を大切にして拝んだ。大自然が国土となり、領土権で国旗を掲げる。国旗は国際旗である。国旗を掲げなければ誰が入ってきてもいいことになる。日本の国土であるならば国旗を掲げるべきである。戦後そういう教育をしてこなかったから、領土問題が起きる。
 世界が日本に憧れているが 、日本人は日本を説明できない。「日の丸」は単純で存在感がある国旗は、世界に誇れる国旗です。それを祝日に掲げることが少なくなった。もっと、誇りを持って日の丸を掲げよう。
 三番目に大切にしたのは父母。先祖代々受け継がれた「いのち」と知ることで、お彼岸などには墓参する。代々は「いのち」という意味である。それは宗教でもなんでも無い。いのちの継承である。
 私達は以上、三つの恩に生きている。日本は、庶民によって生きている、リーダーなんか無い。外国人の好き嫌いをしないのが日本人。ピンチの時でも人のことを考えられるのは日本。震災の時でも暴動が起きなかった。こんな思想は世界に誇れる。
皆が同じ太陽の本で生きていることを認識している。日本は、大自然の中に人が居ると認識しているが、欧米は人の中に自然があるから開発して自然を破壊する。日本の欧米化も問題である。
 三恩三恵。お陰様も太陽のこと。誰が作ったモノだからではなく、日本人はみんなでやる。初詣でも決められたことでは無いけど皆が集まる。日本人は、どんな神社でも拝みに行く。どんなお寺でもお参りに行く。日本の考え方は、アレモコレモみんないい。欧米はアレカコレカと選ぶ。日本人の心には白も黒も無い、中をとってグレーにすることができるのは日本だけ。
 「いい加減」は、いい加(+)減(−)と、プラスとマイナスが共存する。こんな捉え方ができるのは日本だけ。いい加減がいいのです。いつでもどこでもOKなのは日本だけ。
 “この秋は 雨か嵐か知らねども 今日のつとめに田の草を取る”二宮尊徳”
先のことはわからないが、今日一日を元気で楽しくして、結果はお天道様次第。と、捉えられるのは日本人の良いところ。目標に追い立てられると不安感危機感で萎縮するだけだから、いい加減がいい。“運”は運んでくるものであり、明るいところに来るようになっている。いい加減がいいと笑って過ごせるのがいい。
英語でgodは神と略したから誤解を招く。godは神ではなく、絶対者である。絶対者が一人ならばいいが、キリスト、ユダヤ、イスラムなどいろいろあるから問題が起きる。絶対者は一人であるべきである。
 神(かみ)の語源は、カッカと照る太陽のことで、“かっかみ”は太陽の光で生きているという意味です。みんなが太陽の身である、絶対者では無い。
 女性を尊敬して、“おかみさん”という。かかさま、かかー、おかあさんといって、日本は女性を大切にした。感謝をする。皆さん一人一人が太陽、神である。
「こんにちは(今日は)」は、今の太陽に生きているという意味。
「さようならごきげんよう」と以前は言っていた。
男が「さようなら」と言ったら女性が「ごきげんよう」と言った。
「ごきげんよう」が省略されてしまった。
美しい日本語の「さようなら」「ごきげんよう」をもっと使いましょう。
日の丸も素晴らしい、日本語も素晴らしい、魂も素晴らしい。

第3部懇親会では、

a0047772_1453084.jpg大村秀章愛知県知事の挨拶では、倫理法人会には朝礼を見せてもらって、ここまでやるかと強烈なイメージがいまだにあります。あいさつ、返事、「ありがとう」の言葉は基本的なことです。それがキチッとできる活動はいつの時代も変わらない活動はであり、これからも愛知県を支えて行ってほしい。と、述べられた。
a0047772_1455529.jpg

大村知事も加わり、役員全員による鏡割りが、威勢よく行われ、
a0047772_146238.jpg
続いて岡部清次郎副会長の乾杯で始まり、
a0047772_1464582.jpgその後は会員の、あっぱれ本舗西本美香さんと、小栗由美さんの息のあった進行で、
a0047772_147107.jpg「万人幸福の栞」に基づいた紙芝居あり、突撃インタビューあったりで楽しい懇親会となった。
a0047772_1473069.jpg

「日本創生の詩」を全員で斉唱し、宮瀬文夫塾長の中締めでお開きとなった。
a0047772_148499.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2016-01-10 13:59 | Comments(0)

2016初日の出

2016初日の出の動画が見れます


a0047772_17195066.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2016-01-01 17:04 | Comments(0)

訂正

8月の月例予定表で
経営者モーニングセミナー8月24日(火)となっていますが
8月25日(火)の間違いです。
謹んでお詫びし、訂正します。
a0047772_1481052.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2015-08-18 14:12 | Comments(0)

6月12日合同の「おはよう倫理塾」

6月12日(金)、岐阜都ホテルにて講師に一般社団法人 倫理研究所 生涯局 局長 徳江秀雄様を迎え、「おはよう倫理塾」を開催。
今回は、4月5日の教育創生フォーラムに出席を頂いた行政や教育関係者にも広く呼びかけ、倫理活動の醍醐味を体験して頂くことを目指して開催された。

a0047772_1013945.jpg
岐阜市の細江茂光市長・山県市の林宏優市長・羽島郡二町教育委員会宮脇恭顯教育長・議員の方々始め、地域の教育関係者にも御出席を頂くことができ、参加者は179名。

a0047772_1023149.jpg徳江秀雄局長の講話は、
倫理研究所は日本創生と地球倫理の二大スローガンを掲げ取り組んでいます。
日本には雨を、天気が崩れるとか下り坂とか悪い印象があるが、倫理研究所が地球倫理の活動として、植林運動をしているクブチ沙漠では、雨をいい天気という。土地柄によって、捉え方が違う。
現在、全国主要箇所で開催している、教育創生フォーラムでは、パネラーから様々な意見を聞かせていただき、教育創生の参考になる面が多々ある。
過剰の愛情、なさすぎる愛情が問題であると感じる。
愛着障害の子が多くなっていると感じると発表する発言があったことが印象に残る。愛着障害の子は、先生にまとわりついて離れない、愛情不足の子が増えてきている。
また、過剰な愛情で自立心が損出して育ってしまっている、真逆の実例もある。職場の制服の色が決められなくて、スマフォで写真を撮り、帰宅してからお母さんに決めてもらうという娘がいて、自分で物事が決められない自立心の無さには困ったものである。

a0047772_1035321.jpgお産は病気ではないと信念の産婦人科医の話しでは、母乳で育てることを進めるが、哺乳瓶が良いという妊婦がいる。なぜなら、何cc飲んだかメモリでわかるからであると言う。見えないことが不安で、目に見えない感覚がわからないのである。目に見えない世界に大切なものがある。(くまがい産婦人科の話)バーチャルな世界しか生きられない現在人を育ててしまっている。見えない感覚を大切にする生き方こそ、現在に求められる。
見えない世界に畏敬の念を大切にする。理屈でわからなくても信念を持って言い続ければいい。
親が自信を持って子育てをする。価値観の多様化なんかではなく、上に立つものが信念を持って生きていくのが大切な時代。
倫理の会員の牧野皮膚科の牧野先生は、脳から出来る皮膚の有り様に興味があり、皮膚科を学んだ。
親子相関の原理を活かし、親子関係がアトピー皮膚炎に出てくる事もあり、症状の出ている子ではなく、親の生活態度を改めていく事も指摘して治療する。
昨今の医学は急速に進歩しているが、治らない患者はストレスを抱えて続けているからであると、牧野先生は指摘する。
ストレスの内容は家庭にあり、職場にある。
家庭こそ、教育創生の要にある。
[PR]
by 7584tyuo | 2015-06-20 10:04 | Comments(0)

「二宮金次郎の幸福論」七代目子孫-中桐万里子様

1月9日、平成27年愛知県倫理法人会新年互礼会、特別講演会。
二宮金次郎七代目子孫・親子をつなぐ学びのスペース リレイト代表 中桐万里子様

a0047772_14124594.jpg「二宮金次郎の幸福論」
どこの小学校にでもある、二宮金次郎の銅像から、勤勉の象徴のように思われていましが、実は二宮金次郎は、勤勉より勤労を重んじていました。そして最も重んじていたのは、銅像の足元を見るとわかるように、一歩踏み出す実践主義者としての人生。
当時、自然災害の多かった農業を、二宮金次郎は、挫けずに、一歩の実践で、600以上の農村を再建をして来ました。二宮金次郎は、水車からのヒントで、エネルギーを生み出す理想の共存共栄を見出したのです。家族が川、川にとにかく飛び込む、それが一歩踏み出す実践で、次は、はい上がることで、川の流れの逆に回る水車のエネルギーが生まれる。水車も構造は、半分従い、半分逆らう。
従うのは相手を知ること、よく見る、受け入れること。
逆らうとは、戦うイメージではなく、受け入れ対策する、工夫する、声に出し実践、行動する。そのことで形にする。

a0047772_14142740.jpg逸話として残っているのは、初夏に植えたばかりの稲を刈るように、常識外れのことを、農民に伝えた。金次郎は、ナスが秋茄子の味がし、冷夏が来ると感じとったからである。変人あつかいされたが、稲を寒さに強い、稗(ひえ)や粟(あわ)に植え替えを提案し、実施した。それが、天保の大飢饉の到来の予兆であって、冷夏によって稲が育たず多くの村で餓死者を出したが、この村だけ餓死者を出さなかった。
金次郎は、どんな現実も実りを生むことを信じていた。自分にこだわりすぎると、敵が増える。こだわりを捨てるのが、彼のやり方。寒さも敵にせず、共存共栄としていく。与えられた環境を最大に活かしていく。夏の寒さを活かそうとした。
どんな事態が起きても、課題として取り組んでいけるのは、人間だけである。
ぼんやり過ごしていないで、アンテナを張り巡らしていればわかること。秋茄子の味がしたことも、特殊能力でもなんでもない。注視していれば、誰でもわかることである。

a0047772_14151367.jpg
金次郎は「積小為大」を大切にした。現場に出かけ、現場で見かける些細な変化を記録する。秋茄子の味がした時も、それだけではなく、菊の花が咲くこと、芋の根っこが伸びないこと、枯葉が多いことも、記録していた。そんな些細なことから、大きなものを見つけていくことをしたのです。
宝の種は小さなものにある。現場の小さな改善が大きな変化になる。積小為大の最大の敵は、慣れること。
宝物とは、田から生まれるものをいう。お米、作物、命と直結したものを宝とした。田畑は、放っておいては草野となる。作業には、人との絆仲間との絆、人の汗、地域とのつながり、それを宝と呼んだ。働いている場所こそ宝とした。小さなことへのヒントが、いっぱいある。
二宮金次郎の成年時代の銅像は、右手に筆を持ち、少年時代の本から日記へと変わっている。現場と向き合い記録、観察する。私達は便利になった現代の、情報社会埋もれていないか。自分の感覚を大切にしているか。金次郎は、実際に現場に出て、書いて見ることで、知っていったのです。
知るとは、自分を楽にすること。ヒントは目の前にある。現場にある。
「なんで」には怒りの「なんで」は、要注意。
観察の「なんで」にすると、ヒントが見えてくる。
怒りの「なんで」で、苦しむのは自分。
ヒントは目の前にあり、どんな嫌いなことでも、知ろうとすることで解決していく。
愛情は関心を向けること。エネルギーは、知ることで生まれる。ワクワクドキドキすることで頑張れる。
a0047772_14163917.jpgただ見ることと、よく見ることの違いは、単純な事実を見過ごしてしまう。
プロセスを知ることです。プロセスを知ることで、支え合いを知る。
あらゆるものは徳を持っている。徳とはいいとこだけではない、徳はプロセス。ここに居ることは、傷や壁を乗り越えてきてここに居る。誰もが、大きな実績がある。
金次郎は、水車でヒントを得たように、飛び込んで上に浮き上がるという、プロセスがある。
報徳とは、持ちつ持たれつの社会のことではなく。がんばれば報われるというような、自分が報われようとすることではない。見返り思想ではない。それでは自分を辛くしてしまう。
give and take(ギブアンドテイク)ではない。
take and give and take(テイクアンドギブアンドテイク)。
もらいそしてあげる。もたれつ、もちつ。
自分が持ってもらっていることを気づく。
幸せだからがんばろうとする発想。受けた徳に報いていく。
ベストを尽くしていく。徳を知ること、徳に気づく。
自分の幸せを自分とともに味わうこと、
自分を犠牲にすることでなく、共に幸せになっていく考え方。
金次郎の、たらいの水の例話が有名であるが、
産み出された、たらいは最初は空であり、他から注がれた水があって成り立つ。始まりは水を受け取る。受け取る側から創造し与えることに変わっていく。ギブこそ、生まれる喜びと誇りである。
一人一人が主役で、未来を豊かにしていくのです。
現実をよく見る小さな種を見つけて、一歩前へ前進する事だと、金次郎は教えている。
「ありがとう」の反対は「あたりまえ」と思うことです。
「ありがとう」探しの達人になることから、明日の実り向かう実践の一歩です。
[PR]
by 7584tyuo | 2015-01-13 14:04 | Comments(0)

会員感謝交流会

8月26日世界の山ちゃん 本丸にて
名古屋市中央倫理法人会
「会員感謝交流会」を開催しました。
a0047772_1131248.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2014-08-31 11:32 | Comments(0)

会社訪問

会報誌「倫理あいち」掲載用取材の為に
今回は、名古屋市中区栄4丁目16-8 栄メンバーズオフィスビル3F
株式会社 東海会館
代表取締役 野田乃武子様を訪問しました。

a0047772_1835186.jpg
 先代は、長者町で繊維問屋を営んでいましたが、繊維不況で備えておいた不動産を活かして、貸しビル業に移行し名古屋でのレジャービル先駆者でもある。
15年前に、新しい事業としてアパマンショップの東海エリア1号店として仲介部を立ち上げ、現在、栄店・御器所店を運営。小学6年卒業文集に、将来の夢を「女社長になる」と書いて、皆から笑われましたが、現実になっているから、言霊はすごい。目標は思っているだけでなく書くこと!
 経営者として律する為に、各所の自己啓発セミナーに参加もしました。そこで印象に残っているのは、「自分の会社を外から見ること」です。当初は意味が分からなかったが、自社を客観的に見てみると、お客様の為にすることが明確になってくることが分かって来た。スタッフは真面目で、我が社の宝である。
 現在取り組んでいることは、未だに震災のダメージが大きい東北の子供たちを支援したいと思い、子供たちに夢を持ってもらう為に、名古屋在住の絵本作家ながおたくま様と一緒に、企業の協賛を得て、紙芝居を作成しました。アナログな紙芝居が良いのです。東北の幼稚園・保育園230カ所に直接連絡し、それを、お菓子と一緒に届ける活動がはじまります。電話で園長先生に、このプロジェクトの趣旨を説明すると、心より喜んで頂けることが力になり、名古屋から片道800kmを、車で走り向かいます。

a0047772_18343148.jpg
 「万人幸福の栞」17ヶ条は、仏教の教えそのもので、現代に最も必要なこと。心の経営をめざし、人に喜んでもらえることを一所懸命し、見返りを求めない。与えるだけ。そのことで自然に協力者が現れ助けられ、与えられる。有り難い。
 7年後の65歳には会社を離れることを目標とし、紙芝居活動が海外に展開させる夢を、野田様はおおらかに語って頂きました。























この下の広告は、倫理法人会に関係ありません。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-03 18:36 | Comments(0)