「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:イブニングセミナーとMS( 108 )

「経営者の集い」「モーニングセミナー」井木敏晴様

11月10日の「経営者の集い」は、(株)井木組 代表取締役・鳥取県倫理法人会 相談役・法人レクチャラーの井木敏晴様を講師に迎え、テーマ「幸せは困難とともにある」

a0047772_17485012.jpg4代目のゼネコンの会社、社員130名
33歳の時、自社に戻る、専務につくが何をやっていいのかわからない。
同族会社での社員の視線が気になる。経営のことが何一つわからなかった。コンサルタント会社の講演によく出かけ知識を得ようとした。しかし、仕事が忙しいけど社員のモチベーションが低く、退職者が多い。そのことでストレスが多かった。景気が悪くなると、仕事が減り、作業員班の方を解雇することになる。
そんな時、倫理法人会に入会し、苦難観を学ぶ、
人生には「成功」か「成長」しかないという言葉とリンクする。
社長の考えを社員に伝わっていない。そのために経営方針を四半期ごとにフォローアップし、給与制度を変え、仕組みを変える。社長室を廃止し、社員とのコミュニケーションを大切にし、誕生日にハガキを書く。倫理で教えてもらった事は、退職者は気持ち良く送り出して相手の幸せを願う。
建設業は仕事が減り、高齢化であるが、新卒の多能工を育てることで仕事がうまく回って行くようになった。
お客様からのクレームは報告させるようにして、それをは最高の材料になる。
困難は遠ざけようとするが、幸せと困難は一緒にある。
すべて困難を克服しての幸せがある。
倫理法人会はスナオ(純情)になるための学びである。
意識と行動は絶えず連動する、意識を変えることは困難であるが、実践によって意識が変わる。挨拶をきちんとする行動で意識が変わる。
同じような悩みを持つ、一緒のやっていける倫理法人会の仲間がいる。
だから続けられる。

11月11日のモーニングセミナーは、昨日に続いて井木敏晴様。テーマ「倫理を経営に活かす」
a0047772_17515577.jpg
大正元年の創業、ゼネコンの会社4代目。平成8年に社長になり、平成18年倫理法人会入会。
100年会社を続くことは大変であるが、会社が続くことが社会貢献になっていると思う。
建設業も厳しくて存続させることは難しいが、社長の息子に生まれて使命感を持っている。2012年100周年になるがこの先続く保証はない。
悪循環、つまり倒産への道は、基本動作の乱れから起きる。
常識的なことを徹底出来ていないと、社風が出来てなくて、うまく行くはずがない。
活力朝礼の導入。挨拶で、会社が雰囲気がわかる。誰かに呼ばれたらハイッと返事をする。整理整頓をみんなでする。社用車の美化もみんなで取り組む。
即行即止、やめることが痛みが伴うのでやめにくい。それも即行の実践。
苦難福門、クレームを共有する。悪い報告は早くする。
破約失福、交通違反者は、隠さずに自己申告してもらう。
信じれば成り(信成万事)、自信と信念を持って取り組む。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-11-13 17:47 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

伊藤勇二様「運を呼び込む秘宝」

前日の幹部テキスト研修の翌朝、
9月23日のモーニングセミナーは、祇王運輸(株)代表取締役 ・(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 伊藤勇二様を講師に迎え「運を呼び込む秘宝」をテーマに講話頂きました。

a0047772_9403866.jpg純粋倫理を学ぶバイブルとなっている「万人幸福の栞」の内容をしっかり、理解することが大切です。解説書も出版されています。
倫理は、明朗・愛和・喜働により、すなお(純情)な心を持ち続けることが大切ことを学んでいる。
松下幸之助は、80歳になって、すなお道の初段であると言ったほど、奥が深い。
頼まれごとは試されごとという。頼まれたことを、すなおに受けるかどうかで人生が変わってくるから、試されているのである。頼まれたことを、すなおに受けた人、仕方なく受けた人、イヤイヤ受けたり、断る人があるが、イヤイヤ受けたり、断ることが不幸の原因であることを知らない。
吐く言葉で運命が決まる。
マイナス言葉を吐かないことで、叶うことになる。
不平、不満、愚痴、悪口などを言わない。
プラス言葉を吐くことで幸運を呼び寄せる。
運命は、命を運ぶこと。
モーニングセミナーに参加するのも自分で決めて行動して、参加している。また、家で寝ていることもできる。
行動は、自分で決めて行動することで、運命が変わってくる。
宿命は、生まれた家や続柄はすでに与えられてもので、変えることは出来ない。
心が変われば 行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる。

a0047772_9413687.jpgだから心にスイッチを入れること、行動することで、習慣になる。
人格が変わり、運命が変わってくる。
最初の実践は欲張らないこと。少しずつ実践を増やしていく。完璧を目指さすと挫折する。続けることが大切です。
実践内容を具体的に簡潔にまとめて表にする。毎日かならず評価して⚪︎×をつける。
私の25の実践は
1、5時に起床する。(早起きは繁栄の元である)
2、365日・24時間全てに感謝する。
3、常にすなおな心をいしきする。
4、いつでも、明るく・元気に・声を大きく。
5、食事に頂きます。頂きましたを言う。
6、お仏壇に朝お参りをする。
7、はきものをそろえる。
8、毎朝、全身を見て身なりを整える。
9、毎朝太陽様を拝む。
10、気づいたら即行動する。
11、人の悪をいわず、己の善を語らず。
12、女房がして欲しいことを即行でする。
13、徹底してメモをする。
14、社員・パートさんを必ず1名以上誉める。
15、終身墓参をする。
16、氏神様にお参りをする。
17、呼ばれたら「ハイ」と言う。
18、本社で朝礼をする。
19、会社の看板・玄関ドアガラス・鏡を拭く。
20、会社のトイレを掃除する。
21、金銭の無駄使いをしない。
22、困難や窮地の時でも全てプラス発想で。
23、建物・部屋に入る時は一礼する。
24、靴を磨く。
25、まっすぐ帰宅する。(家族との食事を大切にする)
a0047772_9414613.jpg

運に恵まれた人生にする10の習慣
〜うまくいっている人たちの共通の習慣〜
1、挨拶は常に元気がいい。
2、何事も後始末を大事にしています。
3、いつも笑顔でニコニコと。
4、定期的なご先祖様へのお墓参りの習慣。
5、うまくいってもいかなくても感謝する。
6、絶対に敵や嫌いな人をつくらない。
7、どんな状況下でも自分は運がいいと信じる。
8、「私はツイている!」が口癖。
9、運が良い人達とばかりとつきあっている。
10、人事を尽くして天命を待つ!という姿勢。

a0047772_9422583.jpg

モーニングセミナー会場から、名古屋城が眺められます。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-09-23 16:54 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

「倫理経営と自力更生」 藤原忠生法人アドバイザー

8月5日のモーニングセミナーは、法人アドバイザー 藤原忠生様を講師に迎え「倫理経営と自力更生」

a0047772_14313845.jpg「万人幸福の栞」4条の最後に、佐藤一斎の「太上は天を師とし、其次は人を師とし、其次は経を師とす」が出てくる。倫理を一生の学びでとし、学び続けることである。倫理は、難しいことを学ぶのではない。当たり前のことを学ぶのである。
戦後忘れ去られた教育勅語から学ぶことが出来ます。現代にこそ、必要なものです。じっくり読んでみてください。
a0047772_14315769.jpg

a0047772_14322496.jpg

a0047772_14322784.jpg

学ぼうとする人100万人、実行する人100人、続ける人1人の世界であるから、続けることがいかに大事であるかが、解ります。
早起きが何故良いのか?「早起きは三文の徳」と言ったのでしょう。油屋が油を仕入れにいく行くのに早朝に行きました。それは、昼間に売ると気温が上がって、油が膨張し量が増えたからです。その増えた分が得するのです。しかし、油屋はその得を自分のものとせず、貢献に使った。だからそれが「三文の徳」である。
モーニングセミナーは徳を磨くこと、続ける、拡げることです。
日本の和の文化は独特のものであり、天皇制が続いている。恵まれた文化での学びである。
a0047772_14331123.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2014-08-09 14:34 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

合同イブニングセミナー に、鴨頭嘉人様

7月25日は、名古屋北地区倫理法人会合同イブニングセミナーを、「ウインクあいち」にて開催。
日本一熱い想いを伝える、炎の講演家!東京都練馬区倫理法人会 会長・(株)東京カモガシラランド 代表取締役 鴨頭嘉人様を講師に迎え『人生で大切なことは、みんなマクドナルドで教わった』

a0047772_17213181.jpg自ら変わるために学ぶのが倫理法人会。答えは自分から導き出して下さい。変るには、これまでと違った行動することです。
物が売れない時代、物が溢れている時代。物の価値があった時代は売れたが、3.11以降は物は価値でなくなった。
消費者が動くには、
(1)元気。ディズニーランドは、誰でも元気になれる。
(2)感動。ジャパネットタカタカは、商品そのものではなく、物語を売る。
(3)繋がり。3.11以降人の繋がりが再認識されている。
この三つの要素が、これからの企業のキーワード。
今後は、企業の6.6%しか残れない時代になる。三つの要素は、結局は人である。人を育てる時代なのです。日本は教育力がなくなっているから、企業で人を育てる時代が来た。
私は、マクドナルド25年間で働いて来て、日本一のマックバカであった。◯◯バカとは、それが大好きということです。働いている職場が大好きということです。

a0047772_17273329.jpg最高の挨拶は最高のリーダーシップを発揮する。挨拶は大切だということはわかっているが、最高の挨拶が出来ていない。
現場が忙しくなると崩れて行く、言葉使いが崩れて行く。コミニケーションが崩れて行く。コントロールできなくなる。リーダーがイライラしていたら、スタッフのモチベーションが下がる。ブランドイメージ低下。お客様も離れて行き経営の危機。
それを救ったのがたった一人女子高生アルバイトの明るい挨拶。出社する時の極上の明るい挨拶が、他のスタッフも明るくして行った。コミニケーションの質が上がった。もちろん売上も伸びて行った。
リーダーシップとは、今までと違ったところに安心して連れてってくれる具体的なマネジメントをすることで、企業先頭リーダをいうのではない。責任転換をしていては解決がない。リーダーシップは役職ではない、良い影響力を自ら発揮すること。矛盾だらけの職場だからこそ、変わることができる。
そばにいてくれる誰かの承認が必要です。
失敗を生かして自らを変えることができるのです。初めて店長を任され、マニュアル通りやっていないスタッフを叱咤し、それを指摘し続けると理想と違うところに行ってしまう。スタッフが 店長である私を無視するようになる。私は精神的ダメージを受け、転勤を命ぜられた。それによって、自ら反省し、人を変えようとしていた自分に気づく。店の将来やスタッフを信じられるかどうかではなく、信じると決めてしまう。と誓いを立てた。人を色眼鏡で見ていた自分を反省。
a0047772_17285883.jpg

信ずることによって、全従業員と本気で向き合うことに徹する。個人面談で理想や目標を共有するようにした。スタッフのモチベーションが上がる。アルバイトスタッフ主婦の、月々のキャンペーンのアイデアが予想外に当たるようになる。主婦や学生のアイデアが日々の生活に密着しているので素晴らしいアイデアが上がってくる。
それを認め、発案者がリーダとして、実施し成功体験を味わってもらう。本当のビジネスの喜びを体験することは、スタッフを認めること、必ずうまく行くと、スタッフを信じてしまう。未来を信じる。そうすることで、青森弘前の地方のマクドナルド店を日本一の売り上げ店になってしまった。
私はスタッフによって成長出来た。
現状を見れば落ち込むことばかりで、コミニケーションが崩れて行く。だからこそ、未来を信じる。承認のメッセージは未来を変える。相手の存在を認めることで繋がっていく。
a0047772_17292080.jpg

鴨頭様の体験をふまえ、熱く語った90分でした。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-07-26 17:20 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

「幸せになる法則」を学ぶ。林輝一名誉専任研究員

7月14日幹部研修には、講師に一般社団法人倫理研究所 法人局 名誉専任研究員 林輝一様を迎え開催。
a0047772_18412717.jpg倫理を学ぶには、目的を持つこと。幸せになる法則を学んでいるのであるから、学べば今までと変わらなければいけない。変らないのは、学びと実践が間違っている。学べば必ず変わること。
朝起き繁栄の第一歩。モーニングセミナーに参加するようになって、早く起きるようになったら、朝寝をしていた時とは変った自分になっているはずである。
倫理研究所が研究したことを、実践する。そうする事で生活改善ができ、心を変えることができる。理屈ぬきにやると、決心すること。
その後、「全個皆完の原理」を学びました。


7月15日 のモーニングセミナーにも、名誉専任研究員 林輝一様を講師に迎え、テーマ「即行(朝起き)・明朗」
a0047772_18433244.jpg
昭和40年から 49年間倫理を学んで来て、素晴らしい倫理を伝えたくて、現在82歳で、全国を回っています。
今だに、朝起きるのは辛い。しかし、朝起きは辛いから変われる。朝起きが楽に出来たら実践にはならない。「苦」と「楽」のどちらを選ぶかで別れ道。「楽」を取りたいが、辛いけどモーニングセミナー会場に来ると決心するから来れる。参加すると約束した事を守る。些細なことでも、約束を守らないから不幸が来るのです。純粋倫理は、幸せになる法則を学ぶことで、その第一は、朝起きと、明朗である。今までの人生経験を持ったままでは新しいものは入ってこない。今までの心を捨てる。結果を求めない。向上心を持ってただやるだけ。富士山に登るには、頂上を見ずに、足元を見た一歩一歩進めば必ず頂上に行ける。頂上ばかり見て登っているとコケル。、その足元が、命の本である父母に感謝すること。これを忘れては絶対に成功しない。父母を通していのちの本である太陽(大宇宙生命)からエネルギーが降り注ぐ。悪い強情を、良い強情に変えるのが、朝起きです。
a0047772_18444356.jpg

心を変えるには、カタチを変えることです。生活習慣を変える。嫌々の清掃を喜んですると、アカギレも治った。笑顔を無理矢理でも作ると変わる。笑顔で相手先を訪れる。笑顔でお客様を迎える。明朗でなければならない。明朗は万善のもと。全てを善くしていくもとなのです。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-07-15 18:46 | イブニングセミナーとMS | Comments(1)

伊勢田 豊 参与の「テキスト研修」と「モーニングセミナー」

5月12日は、一般社団法人 倫理研究所 参与 伊勢田豊様を講師に迎え「幹部テキスト研修」で“発顕還元の原理”を学びました。
a0047772_1844420.jpg原理ときくと難しく思いますが、“発顕還元の原理”は自然界の存在する、出せば入る、入ったものは出る。物理でいう、振り子の原理でも有ります。こうした原理を、日常生活で疎かにされて、ヘマをしたり、損をしたり不幸の生活に陥っていることが多い。倫理生活ではそれをただして行こうと言うものです。発顕は、発すること。還元は、元に戻ること。嫌えば、嫌われる。喜んで払えば、喜んで払ってもらえる。相反する働きが返ってくることを、創始者は、日本語の言霊から発見し、明らかにした。
人を愛すれば、愛される。恨めば、恨まれる。笑顔をそそげば、笑顔が返る。因果応報、と言うことである。究極のところ、得るは捨つるにあるの実践体験で証明される。

5月13日のモーニングセミナーも、一般社団法人 倫理研究所 参与 伊勢田豊様を講師に迎え「経営理念の浸透と徹底」。
a0047772_187730.jpg経営理念は創業者の思いが文章化したものである。
経営理念が社内に浸透すると、1.6のパワーが出る。しかし、手抜きをされていると、余分な従業員がいることになり、経営理念が社内に浸透する殊により、従業員が必要以上に少なくても、皆が良く働いてくれるようになる。社員が何のために働いているかわからないと、働き甲斐ない。
企業は、様々な経営理念を掲げています。それを浸透させると、仕事はより早くより丁寧に、なって行きます。
経営理念を浸透させるためには、な〜んだそんな事かと思うかもしれませんが、出来ていないことが多い。
1)意識的に二言サービスの実践実証である。
社員に声を掛ける。挨拶だけでなく、「◯◯君のおかげで会社は助かってるよ」とか、二言の声を掛けることで、心と心の交流ができる。魂のふれあいは、倫理の会員の猫、“しゃべる猫マーヤ”でも実証される。愛情をかけると猫も変わる。社員に愛情をかける。振り向かない社員には三倍かける。趣味のことで話しかける、種を巻く先に施して行くことで、自分が注目されていると思える。
2)積極的に褒める、当たり前のことを褒める。
褒めてあげるから元気になる。けなされて元気になることはない。いつも、良いとこを見て褒める。
3)声を掛ける。
二言サービスも、当たり前のことを褒めるも、そうであるように、社員に心をかけると向き合えるようになる。
マルハニチロや、JR北海道の問題でも、社員がこちらを向いていない。
職場が楽しい、社長が社員に心を向ける。経営者は社員によい火を付ける社長になって欲しい。
a0047772_186331.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2014-05-15 18:02 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

「大いなる愛について」角田恭恵様

3月18日のモーニングセミナーは、一般社団法人倫理研究所 法人局スーパーバイザー 角田恭恵様を迎え、「大いなる愛について」。

a0047772_17404428.jpg地球上のあらゆる存在は、愛によって生かされています。宗教のように何か一つの対象として、地球上のあらゆるものをとらえるのではなくて、神によって一つの間違いもなくリズムよく運動している、その中に地球があるのだということを感じること。それは神の絶対愛。
人間がどんなにわがままをしようとも、神はいつも私達の方を向いてくださっています。倫理法人会創設者丸山敏雄先生は、その存在を太陽のおかげであり、太陽=神と説いています。
夫婦 ━ 親愛、親・先祖 ━ 敬愛、子 ━ 慈愛。このような愛によって私たちは生かされているのにもかかわらず、いろいろなことで苦しみます(生老病死=四苦)。この愛を丸山敏雄先生は、ご自分の生きてきたみちの中において、しっかりと掴まれたのです。
丸山敏雄先生は幼いころから優秀で、大学教師を目指していたが、「奇跡」について今一つ理解できなかった。そんな中、ひとのみち教団(いわゆるPL教団)に入団。二年後には「准教祖」に任命された。そして、突然、不敬罪というあらぬ罪で囚人となり。14か月の間拷問を受ける。自分は、この道ならば間違いないと信じて、親と縁を切ってまで選んだ道なのに、自分が毎日牢屋に入っているその姿を親が見たらどんなに悲しむだろうか。そのようなことを毎日考えて涙を流していた時に、壁に両親の顔が映り、不思議な体験をしたといいます。
そして、宗教では救えない世界があるということを、自らの命を懸けて体得したのです。自分を救ったのは、やはり両親の存在でした。まず両親を置かないことには自分の存在はないということを中心にして立ち上がったのが、倫理研究所です。
丸山敏雄先生はたくさんのお弟子さんを抱え、勉強を進めるにつれ、身体は著しく衰えていく。周りのお弟子さんは病院で診てもらうように先生に進言したのですが、丸山敏雄先生は「皆さんの苦難を一人で受けている。身代わりの行に入っている」と言われたそうです。
その時の内容が昭和26年2月20日伊勢神宮での誓詞として残されています。これは誰にも知られず、先生の没後2か月後(昭和27年2月3日)に発見されたそうです。
モーニング「新世」「万人幸福の栞」を持って夫人と二人で何も言わずに外玉垣御門前で靴を脱ぎ土下座をして、先生は長い間拝みました。それはそれは見ておれないほど長い間丁寧に頭を下げて真剣に拝みました。

a0047772_17422275.jpg     日 々 誓 詞
丸山敏雄先生は、倫理に触れて新しく会員になってくださった方々が、必ず幸せになっていただくために、その人たちが持っている苦しみや悲しみを全部ご自身で引き受ける、ということを神と誓われたのです。このような大きな愛を持った丸山先生の教えのもと、私たちは倫理の勉強をさせていただいているのです。「万人幸福の栞」は昭和24年に完成。すべて根本は家庭愛和・倫理経営です。人としての正しいみちを踏まえながら、家族仲良く、地域に貢献できる企業を目指して私たちは仲間づくりをしているのです。






(記事)稲垣 ◆写真は過去のものです。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-03-18 17:47 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

「倫理実践の要諦」と「ことばの威力」玉田勝彦様

2月24日幹部研修に、一般社団法人倫理研究所 法人局 名誉専任研究員玉田勝彦様を講師に迎え「倫理実践の要諦」。
a0047772_1653124.jpg倫理法人会で学ぶ“純粋倫理”の三大特色は
一、実践が身上ととする
二、苦難が学びの手がかりとする
三、心が先行する
倫理は実践を大切にし、基本となる十の要諦について学び、日々の生活に根付かせて行く。それは、即行・純粋・直行・結果を考えぬ・緊張・一気呵成・押しとおす・反復不退・不悲不喜・槙終である。
物事の始めの姿勢が、即行、純粋であり、行為中の姿勢が、直行〜反復不退であり、終わりの姿勢が、不悲不喜、槙終である。
勝海舟の遺訓に「事、未だ成らず 小心翼々。事、まさに成らんとす 大胆不敵。
事、既に成る 油断大敵。」とあるように、物事の終了時に気を抜いてしまうことを戒めている。倫理実践でも、順境にありては楽観せずに喜べ。逆境にありては悲観せずに喜べと、教え「不悲不喜」のこと。油断しないこと、しっかり後始末をする「槙終」が最後の実践です。
「槙終」の三つのポイントは(1)間髪入れすぐする(即行)。(2)感謝を込めて。(3)気を抜かない。
また、物事の成就し難いモノをには「「反復不退」の実践が参考になる。やってやってやり抜く。一日一回、同じ時間にする実践は、大自然のリズムに合わせる実践であり、大きな力を得ることが出来、成功へと導く。決意したことは途中で止めない「緊張」。妻や夫の言う事をそのまま聞く「純粋」。倫理実践で一番なのが目が覚めたらサッと起きる「即行」である。倫理は実践してこその倫理である。



2月25日 のモーニングセミナーも昨夜に引き続き、名誉専任研究員 玉田勝彦様を講師に、テーマ「ことばの威力」。
会員スピーチでKさんは「以前の繁忙期には、心身症に成ってしまい、微熱が続き身体が重くて自由がきかず、辛い時期があった。今回の繁忙期にはも、人間不信に陥るほどの人間の嫌な面も見てきましたが、心が病むことなく過ごせたのは、倫理を学んで来たおかげである。倫理の友人が笑顔で励ましてくれた。すべてを受け止める覚悟が出来た。自分に自信がついた」と、喜びの報告。
a0047772_1661830.jpg玉田研究員は、講話の冒頭で「Kさんの実践は、苦難が学びの手掛かりとされた。」と賞賛。
テーマ「ことばの威力」
森信三先生に師事し、ハガキ道の伝道師、坂田道信氏は“人間が作った最大のエネルギー、は言葉である。”とも述べているように、人を殺し、人を生かすもする言葉であり、力をもっている。
夫を交通事故で失った母に三歳の息子が、涙の止まらぬ母親の「母ちゃん泣かんとけ」と頭をなぜながら言った一言。
小学五年の少年が自転車に乗っていて車にはねられ、病院に運ばれた。加害者の大学生は病院を訪れ、恐る恐る震える声で「ごめんね」と謝った時、少年は「僕のほうこそ」といった。思いがけない一言に大学生は声を上げて泣いた。「あの時のほど嬉しかったことはありませんでした」と、いった。少年と大学生の交流が始まり、一言によってみんなの心が救われた。「コトバのチカラ」(PHP研究所)より
夫の定年退職が決まり、退職記念の家族旅行の宴席で、妻は夫に「ご苦労様でした」と言いかた時、涙ながらに「私にも、ご苦労様でした一言が欲しかった」と言った。
倫理の学びは、自己革新するための学びのです。気遣いができる人になる事でもあるのです。
夫が妻に言ってはいけない言葉、「食べさせてやっている」「出て行け」「そんなことわからんか」
妻が夫に言ってはいけない言葉、「安月給のくせに」。両親に「ハゲ・チビ・デブ」。身内の「悪口」を言ってはならぬ。
a0047772_1673944.jpg
愛語は愛心よりおこる、愛心は慈心を種とせり愛語より回天の力あることを学すべきなり。”
一旦言った言葉は消すことができない。
言葉は言霊。思ったことはスナオに言う、どんな場合でも、表現はむつかしいが、明るくあっさりと言ってします。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-02-27 16:08 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

松岡博行様の「経営者の集い」と「モーニングセミナー」

2月17日の「経営者の集い」と、18日モーニングセミナーは、五番倉庫松ちゃん堂 代表取締役・伊勢志摩倫理法人会 会長 松岡博行様を講師に迎え、17日「やれば出来るんですが・・・!?」18日「もっと早く知りたかった・・・倫理」
a0047772_16544966.jpg
「レクチャラーとしての3回目ですので、下手な話を上手に聴く実践の場でもあると思って聞いてください。」と、話し掛けられ始まりました。

北海道釧路市の出身。松下電気の通信特機の販売しながらお金を貯めて、パイロットになる夢を持ち続け、早朝と夜の自動車教習所の教師をしながら資金を貯め、それでも足らなかったので借金して、アメリカに留学。学校英語が通じなくて困った。日本から留学した人の半数は、プレッシャーや難しさで挫折して、半数の人が免許を取得する事なく帰国する。金銭に恵まれた人が挫折しやすい。苦労して金を貯め、借金もあるので挫折する訳には行かない意気込みで、パイロットの免許を取得。帰国後はバブル崩壊後で、パイロットの仕事がない。就職先がないので自分たちでヘリコプターの会社を作る。会社の作り方がわからないが、やれば出来るもので、不思議と出来て行くものである。36歳で航空会社の社長になる。最年少の航空会社の社長となり有頂天になるが、運営はうまくいかなくなり、赤字続きで会社を整理することになり、2003年に倒産の危機、債務圧縮に務める。持っているヘリコプターや特殊機材の販売先を探すために北海道を離れる。
a0047772_16595734.jpg倒産後、滋賀県の会社に席を移す。知り合った女性(現在の妻)の実家、三重県伊勢に移り住む。インターネットを利用した仕事はじめ、リサイクルショップを起業。倫理法人会のカルスマと言われる人に誘われ、しぶしぶ入会。見知らぬ土地で人脈を広めるのに良いかとも思ったが、当初は会費の1万円は苦痛だった。しかし、入会8ヶ月後に富士高原研修所(冨士研)のセミナーを体験。その後三回受講。
恩の遡源の実習で自分を見直す事が出来、教えてもらった実践をやってみる。活力朝礼を取り入れるにも、拒否反応する社員が現れ辞めて行く。しかしその後、必要な社員が入ってくるから不思議である。何かを信じて実践をやってみることがいいみたいです。ハイの返事一つでも実践してみる
倒産した事を話す事で、倒産の負い目を払拭することができた。北海道にいる時、倫理を知ったら対応が違っていたかもしれないが、私に倫理が必要だったのが、その時はだったかもしれない。実践を続けると確かに環境も変わってくる。リサイクルショップも拡大し、家電家具から農業機材に方向転換することができたことが良かった。これも、倫理を学んでいたおかげである。
a0047772_1703863.jpg
倫理を実践体験すること。挨拶はハッキリと。履き物を揃える。トイレ掃除。実践を続ける事で周りが変わる。やると決心することが大切であるようだ。今までなかったことをやってみる。決心をして信じてやる。
すると必ず善くなる事が、体験できる。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-02-18 17:11 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

戸塚友康様「経営者の集い」と「モーニングセミナー」

11月18日の、名古屋市中央倫理法人会「経営者の集い」は、浜松市倫理法人会 副会長・法人レクチャラー、戸塚友康様を講師に迎え『純粋倫理の企業経営への活かし方』

a0047772_15353238.jpg倫理は何か。対(たい)人だけではない。物や自然が関わってくる。物を大切にすることは、活かして使うことです。ボールペンひとつでも、貯め込んで使っていない事が多いのではないか。引き出しに何本も入っているのは、活かして使っているとはいえない。純粋倫理を正しい学びと実践すれば必ず業績は良くなる。純粋倫理は、生活の法則であり、どこで誰がやっても常に正しい。倫理法人会の目的は、倫理法人会憲章にあります《倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、経営者の自己革新をはかり、心の経営を目指す人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的としただんたいである。》

a0047772_15355696.jpg経営とは、「経」と「営」のバランス。経営理念の、「経」は変えてはいけないもの、「営」は時代の変化を先取りする。「経」を教えるところが少ないと。「経」をしっかり学ぶことが倫理。企業経営の目的は、顧客の創造であり、まずは、企業リーダーが良い習慣を身につけて、実行すること。それが純粋倫理の実践であります。
ハイと、まず受けること。人が喜ぶことを徹底して行う。それが、先手のあいさつや、「ありがとう」の言葉を徹底して使うこと。実践の中でも、毎日のトイレ清掃は、簡単に出来る実践ですが、心持ちを間違えて実践していると結果が良くない。不足不満を持っての実践は、結果がよくない。要は喜んですることが大切です。
純粋倫理を企業経営に活かすことで、企業はうまく行くようになっているのです。

会場が溢れんばかりの満席で、62名の参加。


11月19日のモーニングセミナーは、昨夜に引き続き法人レクチャラー、戸塚友康様を講師に迎え「純粋倫理の正しい学びと実践」をテーマに講話を頂きました。
a0047772_15365712.jpg私は、名門高校の野球部時代、ものすごく厳しい辛かったが、目標としていた甲子園出場ができた。今思うと、自然界の法則にそっていたから甲子園に出場できた。信成万事、信じて諦めなかった。学力もないのに、志望校に入学できたのは、自然の法則の純粋倫理を知らなかったけど、それを実践していた。気づいたらすぐする、反始慎終の、本を忘れず末を乱さず、をしていた。入学出来るわけがない大学に入れたのも、偶然ではない。全てが必然であったと今は思える。すべてが因果関係にあるのです。倫理は知っているだけではない。実践して体験を出すことで、意味があるのです。
サラリーマン時代から35歳で独立して、順調に業績を伸ばす。自分の実力だと思って傲慢になると業績が悪化。朝も夜も遅く、損得勘定で行動し都合の悪いことに言い訳をする。相手を変えようとした。時間を守らない。偉そうにトイレ清掃をしていた。親を卑下していた。物を活かして使ってない。
a0047772_1539736.jpg

んなことが長続きするわけがありません。家庭・会社が大ピンチだが立ち直るのは大変である。営業所を撤退、女性問題で離婚の危機。母親が癌。顧問先が倒産。自分自身の交通事故とトラブルが続く。最悪の状態の時、倫理の仲間から復帰のお誘いを受け、自分の愚かさ気づいた。
倫理法人会で役職を受け、自分の無力さ、人望の無さを周囲から教えられた。生まれて初めて徹底的に打ちのめされた。
どん底からの再起は、倫理指導(無料で受けられる生活相談)を受け、そのまま実践する決意をする。
自分磨きの実践の覚悟してが、心が伴わず変わりきれない自分がいた。

講話の最後にDVD映像を見せて頂きました。
a0047772_15455542.jpg
太平洋戦争で学徒出陣した特攻隊は、若くして散って行った命。出陣前に書き残した手紙には、愛する家族のために、決死の覚悟でしたためた文面に、涙を誘われました。
人は、自分ではなく、愛する人のために頑張れるもの。そこから自分が成長できる。
利他に生きること。
[PR]
by 7584tyuo | 2013-11-20 15:39 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)