「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平成19年3月の予定

a0047772_1122173.jpg
【今月の言葉】
 先月の「蘇るこころとからだ」の続きです。
 いつもでも健康で元気に過ごすことができれば、それが一番いいに決まっています。でもかかってしまったら、どうします?そのときこそ、病気を治す手立てをはかる一方で、自分や家族の日ごろの生活のしぶりや生き方を振り返ってみようよといいたかったのです。 病気というネガティブな姿からいって、人はこれをどうしても否定的に受けとめがちです。しかし、じつは私たちがより豊かな人生を生きて行くために、さまざまな気づきをもたらしてくれるのが病気のほんとうのすがたです。だから、そこに目を止めることなく、単に治してしまうだけではもったいないと思うのです。(「蘇るこころとからだ」より)
 ある医師は、ほとんどの病気の原因は、日ごろの思考を含め生活習慣にあります。 ですから病気であるなら今までの生活習慣を変えなければ、病気が治ったと思ってもまた再発してしまいます。生活習慣病はその典型的なものでしょう。生活習慣を変えなければ変りません。
 その最短コースが朝の生活習慣変えることです。モーニングセミナーに参加するようになって健康になった実例は多い。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-28 11:04 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

チョイ悪親父が 倫理と出会う

a0047772_10143976.jpg
2月28日のモーニングセミナーは「倫理との出会い」と題し、㈱ツーリストアイチ代表取締役・春日井市倫理法人会 会長 岡部清次郎様。
 この頃春日井市倫理法人会のメンバーも若返ってきて、チョイ悪親父を自称する、不真面目な会員です。
元来フーテン癖があり、一仕事してはどこかへ旅に出ることが好きでした。そこで只で旅行出来るならと思い旅行会社に就職。新入社員でトップセールスになり、5年目に労使問題を機に独立。ツーリストアイチを当初4人のメンバーで設立して27年になる。旅行の嫌いな人はいないし、楽しいから天職だと思って取り組んでいる。順調に業績も伸び、忙しすぎて「休みたい」と思った時、車の事故に遭い、あれいらい「休みたい」と思わないことにした。
共同経営者が会社の経費の流用で裁判に持ち込まれることになった、若い裁判官に不信感はあったが、結果的には裁判に勝訴することができ、裁判官を見直した。いろいろなことが重なりストレスで体調を崩して大学病院ではカテーテル検査を勧められたが、改めて知人の医者を尋ねたらストレスが溜まると身体の弱いところですからと、その治療をしてもらったら治ってしまった。
共同経営者の机の上にあった「職場の教養」が目に止まり、良いことが書いたると思い平成3年に倫理法人会に入会。モーニングセミナーにはほとんど参加していなかったが、ナイトセミナーだけ時々参加し、その時々の問題解決のヒントを得ることができた。それで役職も頼まれ、時々しかモーニングセミナーに参加しない不良会員であった。
松尾県会長が毎日来社され、私への春日井市倫理法人会会長就任の要請の熱心さに負け、渋々承諾することになった。
いろいろなことがあるが、省みるとその時々に倫理の教えが当てはまっているものである。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-28 10:20 | MSゲストスピーチ | Comments(0)

『迫る環境危機と改善の必要性』

a0047772_10144397.jpg2月25日のサンデーモーニングセミナーは『迫る環境危機と改善の必要性』㈱グリーンユーティリティー代表取締役 森 幸一様
10年も前にCO2を減らし地球温暖化を抑制する話しをすれば、実感がなくてうさん臭い会社ではないかと思われた。水やお茶を買って飲むことは考えられなかった今、ガソリンより高い水を買ってまで飲んでいる現在は地球環境のことを話しても違和感がない時代になってしまった。
私の企業は電気料金・水道料金等のの節約によってCO2の排出を減らし廃棄油の有効利用やメタンガス発電等開発にも大学の研究室と協力して取り組んでいます。CO2を削減すれば経費も節約できるのです。
国土の70%の森林を所有してる日本は環境が豊かに思えますが、このままCO2が増え続ければ54年先には日本から森林が消えます。地球滅亡に暴走している状態と言えるでしょう。54年先なら自分は死んでいないからと自分の時代だけ地球が保てばいいのでしょうか。石油資源は有限であり、それなら原子力があると思われていますが、ウラン鉱石も有限です。
今後生まれて来る赤ちゃんは財政赤字で一人500万円の借金を抱えてくる状態で「おめでとう」と言えるでしょうか。京都議定書は年6%のCO2削減が計画されていますが、出来ていません。現在計算するなら年間30%を削減しなければならない状態ですが、現実には出来ない。この状態では30年先には魚はいなくなるし、家畜も食べれなくなります。台風の大型化も温暖化の影響であることは間違いありません。a0047772_10162939.jpg電力会社の省エネPRが本当なのか、本当に必要なのか、きちんと考え見直さなければなりません。
ソーラ発電・風力発電・ハイブリットも一見環境に優しそうですが使い方によってはたくさんの税金から補助金を出費までしてCO2の削減になっているか、きちんと考え直さなければ行けません。省マネーと省エネルギーとは違うということです。
CO2をエネルギーに変える方法や、CO2を回収して埋設する技術も開発されようとしております。我が社は10〜20年地球延命させるためにも、少しでもエネルギーの有効利用するための事業は、例えば蛍光灯をインバーター化によって30%電気料金が下げる。電気器具を変えると廃棄物が出ますから器具そのままで内蔵部品をつけて配線を変えるだけです。その手数料は頂いておりません。すべて無料にして、電気料金が節約できた部分の半額頂いているだけです。環境にもよく、お客様にもよく、我が社にもいいということです。また、トウモロコシから燃料を抽出する技術。廃油を捨てないでエネルギーとして使う技術の開発も急がなければなりません。
高度成長期の日本経済を支えて来られた「団塊世代」が2007年問題とされています。これからは「団塊世代」の方々に進んで、恩返しのつもりで、環境問題の取り組みのお手伝いをして欲しい。
皆さんんもエネルギーの有効利用によってCO2削減に効力してください。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-25 10:19 | サンデーモーニングセミナー | Comments(1)

伏木研究員を迎え、テーマ『人生のルール』

2月20日のイブニングセミナーは倫理研究所法人局普及開発部 伏木久登方面長を迎えテキスト研修『金銭は生きている』。金銭は物の中で最も敏感な生き物である。自分勝手のために使いたい思うが、金銭を働かすとは、喜んで進んで生きた使い方をすることである。支払いも喜んですることが生かすこと。
a0047772_1682241.jpg
2月21日は前日に続き伏木久登方面長を迎えモーニングセミナー。テーマ『人生のルール』
人生はいつ何が起こるかわからないものである。何年かかるか分からないし、いつまで続くかわからない。自分の人生で、自分をどのように仕上げて行くかの学びの場でもある。倫理は自己をどう育てて行くか、倫理は生きる芸術である(Art of life)と言った人もいる。
「万人幸福の栞」九条にはきめごと(法則)のことが記されている。法則(きめごと)に合わせて行くことが物事がうまく行く方法である。「倫理」の「倫」は人と人との関係を意味し「理」はきめごと(法則)のことである。
例えば、交通事故の要因を調べてみると、肉体的な疲れによって起きたり、精神的な疲れにより思わぬ事故が発生する。しかし一番多いのが法律無視であることに気づいていないのが現実です。きめごと(法則)を守っていないから事故が起きる。
このように「約束」を守らぬのは自分の内なる鬼がいるからです。悪人を天はすぐには罰することをしなくて放っておく、自分で気がつかねば直らない。罪を放って起き罪を重ねいつか大きな罰を受けることになる。
「倫」人と人との関係の中で生きて行くには自分の自由にならない「否定」の中で生きて行かねばならない。自分の好き放題にしてはうまくやって行けないものである。「個」の中の私と「全体」の中の私があり、「全体」の中の私の学びが疎かになるっていることが現代は多い。「希望」を持つとか、「明るく」という学びは「個」と「全体」との両面で学んで行かなければ解ってこないし、身に付かないものである。自分を思い通りにすることに、自分の自由にならない「否定」することを固持していては「全体」とお互いに人とうまくやって行けないのは当たり前である。タイプとしては[努力する人][喜んで進んでする人][平々淡々とする人]を前者とするなら後者は[嫌々する人][守る振りをする人][堂々と破る人]があり、前者を目指すべきであり、後者では良い結果が生まれてこない。
倫理の学びは、自己中心ではなくて、捨我献身・進んで合わせて行くことで本当の自由を得る。現代は「自己中心」と「捨我献身」の二極化が進んでいるようであるが、「個」の私では、倫理実践目標を掲げ自己革新に取り組み「全体」の私では倫理の仲間づくりをすすめ、継栄する。それには、焦ることなく、力むことなく続けると良い巡り合わせを得て行くものである。そうすることで社会全体が良くなって行く。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-22 16:20 | イブニングセミナーとMS | Comments(0)

心と魂

2月14日の高木繁行参与のモーニングセミナーは「純粋倫理セミナー」《心と魂》。
a0047772_1836792.jpg「心」とは、生きる働きであって、何処にあるかわからないが、五官(目、耳、鼻、口、皮膚)によって感じ、わかるのである。そして、今までに培ってきた知性や理性・感情によって動くようである。それらは他動的であり、運命的人生観であり、二元的であり、与えられて環境に左右されるのでその世界観には、差別・対立があり有限・無常・不公平・不情・争い・不自由・不安「苦の娑婆はままならぬ浮世」とも言われ、これではどう見ても幸福になり様がない。
では、「魂」とは何だあるか考えてみよう。いのちと心があって「魂」となり、それこそわからないものである。肉体を創造し、肉体を生かす働きがある。他をいじめれば自分もいじめることになり、他を喜ばせれば自分も喜ばせるように、自律神経の働き遺伝子の心ともいえる。そこには自他の区別がない。想像と事実の区別もない。だから心配した通りになる。一元的であり、万象は神の発顕、世界は神の顕現(栞17条)であるから、すべてよいのである。だからといって宗教的ではなく、実践すればわかることである。全一統体の原理は実践すれば実証されることである。それが心身相関・彼我一体・物心一体・我境一体であるから苦難福門が実証される。幸福にはいる門がある。
a0047772_18392079.jpg
自分の考えは誰でも、正しいか当然か、やもう得ないと思っているが、周りとの愛和の生活に心掛ける。家庭環境と事業環境も同じであるから、家庭環境を良くすると事業も良くなる。我境一体、すべて自分と思う(純一界)。自分のためではなく、国家のためにと思ってやると環境が変わる。
「心で生きるか」「魂で生きるか」で幸か不幸が決まる。大宇宙生命におまかせである。

どうですか!この奥深い真理をお解り頂けましたでしょうか?
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-16 18:41 | MS高木参与講話集 | Comments(0)

半田倫理法人会設立

暖かさに誘われてマンサクが咲き始めた立春の2月4日。
愛知県15番目の半田倫理法人会が設立されました。詳しくは愛知県倫理法人会ホームページをご覧ください。
a0047772_17553637.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-05 17:56 | プチ情報 | Comments(0)