「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前田紳詞様「ドラッカー流グローバルマネジメントと地球倫理」

1月21日のモーニングセミナーは、前田ライフマネジメント 代表取締役・名古屋市中央倫理法人会 副会長 前田紳詞様を講師に迎え「ドラッカー流グローバルマネジメントと地球倫理」をテーマに講話。
a0047772_161011100.jpg今年は、世の中にTPPが話題になってくるだろうし、普段から海外の方と、学校やマンションの中でも、交流があるようになり、グローバル化が進んでいるのが現状です。
学生時代に中国の上海へ行った時は、交通手段は自転車が便利でした。町はゴミが放置され不潔で異臭が漂うが、皆が平気。
シベリアへ行った時は、新潟から船に乗り、シベリア鉄道でヨーロッパへ抜ける。-20度の気温で、旧ソ連の時代に行きました。物不足で日本製が人気。電車の中では物々交換が始まり、ノック式ボールペンを欲しがる。日本のボールペンの技術は素晴らしい。現地の電卓は電池式で、日本製のソーラー電卓は人気で高額で売れる。そんな中で、いろいろな出会いがある。
イスラエルでは、パレスチナ自治区がない時代には、街中が戦闘状態にいつでもなりうる環境である。
韓国では北朝鮮との38度線へ行って、何か緊張感もあった。
その後、グローバル企業に就職し、国際会議を呼び込むことで、自国の経済を潤う。
多国籍の方と交流を深める。風習や食事習慣の違いもあることを知った。
異国で医療交流も行われている。韓国では多国籍から患者を受け入れる事が盛んに行なわれている。
過去39カ国回って、今、大変化が起きていることに。労働人口の減少と高齢化社会の到来。
ネット、デジタル社会の到来。
3Dプリンターでの製造。
グローバル化が進む。
情報や流行が、一瞬にして世界中を駆け巡る。世界中が共通の価値観は、世界でも日本の「おもてなしの心」、清潔、正直、挨拶など日本の素晴らしい生活習慣の価値観は受け入れられている。ここに気付いて下さい。
同じチェーン店のコンビニで日本での対応は世界一である。
インドに街並みは不潔である。日本の街並は清潔です。
日本ほど安全な国はありませんが、ニューヨークでは軽犯罪を徹底的に取り締まりしたことで、治安が悪かった地域が安全になった。
地球の温暖化による異常気象は、大きな問題です。
a0047772_16103640.jpg
地球人として何ができるか。倫理研究所の提唱している“地球倫理”とは難しい事ではない、誰でもできること。
〈木を植える〉〈緑を大切にする〉〈清掃を徹底する〉〈ごみを持ちかえる〉〈紙を大切に使う〉〈電気を節約する〉〈ガソリンを節約する〉〈水を節約する〉〈水を汚さない〉〈回収し、再生する〉
あなたは地球人として、万人幸福のために何ができますか?
[PR]
by 7584tyuo | 2014-01-24 16:11 | MS会員スピーチ | Comments(0)

柴田美香様「夢を叶える魔法の言葉」

1月14日のモーニングセミナーは、メリーポピンスMIKA・桑名市倫理法人会 幹事 柴田美香様を講師に迎え「夢を叶える魔法の言葉」をテーマに講話。
a0047772_14452160.jpg禅宗の寺の長女に生まれ、小学生にして、どうして生まれてきたのだろうとか、人生って何だろうと思い考える、変わった子でした。23歳で結婚し、子供は勉学には付いて行けないが、大人の押付けではなく、子供の心を考えていたのが常でした。 息子には勉強ができなくても、心豊かの子に育って欲しかった、三番目の子が生まれた時に環境を考えたくて、名古屋から桑名市のいなべに引っ越ししまた。今では、長男は社交ダンスを教え、次男は甲子園出場しプロ野球を目指す。長女はデザインの勉強中。
今回のお話は、次男の事です。
次男は原因不明の難病ベーチェット病を発病したのは、中学三年の時です。夢の高校に進学し、甲子園出場目前のことでした。部活では、野球エリートを突き進んできた。ある日突然耐えられぬ激痛が襲い、即入院で、ベーチェット病と診断される。大好きな野球が出来なくなる絶望感で、親にも当たり散らす。

a0047772_14475866.jpg嫌悪感いっぱいで、ベットに横たわっていた時、ふっとした事で話したのが、「嫌な時には“ありがとう”言い、善い事が起こった時は、“感謝します”と言う。」ことを教わったことでした。次男は、そんなこと言ったって!と、反抗的でしたが、激痛の時「ありがとう、ありがとう、ありがとう」と、言ってみると痛みが治まった。
痛みを受け入れ、闘病生活が続いたある日、野球の名門の名電高校の倉野監督が病院を訪れ、入部に誘って頂けた。素晴らしい野球の素質を、諦めさせるわけにはいかないと、監督の言葉は有り難かった。 野球を諦めかけていた次男は、入部を決意し、ベーチェット病で、スポーツを諦めた人を救いたい、思いが募って来た。失明や突然襲う激痛鵜の恐れもある恐怖から諦めることなく、甲子園を目指す。控えのベンチで悔しい思いもした。監督からは「涙は優勝するまでとっておけ!」と言われ、練習に励みました。
a0047772_14485055.jpg
遂に地区大会に優勝し、甲子園出場の夢を叶えた。その後、大学野球に進み、プロ野球ドラフト会議で、三巡指名でプロ野球の夢が叶う。
現在23歳で育成選手ですが、一軍入りを目指しています。
感謝すると感謝することしか生まれない。病気にも感謝しかありません。
理想の人間関係は、お互いに尊重し、受け入れて行くことです。
病気の先生にも、そういう関係を築いていきました。そういう人間関係が、宝になって行く。














この下の広告は、倫理法人会とは一切関係ありません。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-01-14 14:51 | MSゲストスピーチ | Comments(0)

平成26年愛知県倫理法人会「新年互礼会」

1月8日名古屋東急ホテルにおいて、平成26年愛知県倫理法人会「新年互礼会」を、過去最高の約450名の参加者を得て開催。
a0047772_17202463.jpg


a0047772_1721561.jpg国歌斉唱の後、愛知県倫理法人会 武藤弘己会長は、「足腰の強い倫理法人会にするために着実ない運営に努め、拡充を図っていきます。倫理法人会の会員であるならば、富士高原研修所(富士研)のセミナーに是非参加してください。入会してよかった倫理法人会にするために活動を進めて行きます」と、新年の挨拶。

a0047772_17223881.jpg来賓の、愛知県倫理法人会 顧問・愛知県知事 大村秀章様は、「以前拝見した倫理法人会の、活力朝礼の迫力に圧倒されました。職場に基本哲学が行き渡って素晴らしい活動だと思います。日本経済も復調の兆しが伺えますが、急に良くなるものではありません。地道な働きがあってこそ築かれていくものです。そんな活動が、物づくりの愛知にあり倫理法人会にはあると思います。今年一年も、勢いをつけて行きたい。天を駆ける馬のように千里を駆ける馬のごとく突き進んで行きましょう」と、祝辞を頂きました。

a0047772_1722532.jpg続いて、愛知県倫理法人会 村上実幹事長は、「入会してよかった倫理法人会、参加してよかったモーニングセミナー、やってよかった活力朝礼の運営に努めて行きます。私は、正月三が日を断食の実践で、モノと心の整理がつきました。今年は、富士研セミナー四回開催します。是非体験して欲しい。いよいよ、倫理経営講演会が各単会で順次開催されて行きます。倫理経営を知っていただくチャンスとし、筋肉質で底力のある、倫理法人会にして目標達成して行きます」と、新年の挨拶。

a0047772_17254621.jpg今年度創設された、愛知県倫理法人会 会長賞顕彰では、倫理法人会活動において、その功績に優れ、愛知県倫理法人会の名声を高めたとともに、広く会員に敬愛され、倫理活動を通じて地域社会に明るい希望を与えた、鈴井桂夫様、松尾昇三様、町田武様、高木繁行様の四名に栄誉賞が授与。受賞者はすでに物故されていますので、遺族の方に記念品と賞状を渡され、遺族の方の挨拶では、故人の存在の大きさを改めて知り、故人共々喜びの挨拶をされました。
a0047772_1726548.jpga0047772_17263965.jpga0047772_17272129.jpg
a0047772_17335058.jpg
続いて、長年の実践普及において優れた成果を挙げ、倫理法人会活動の振興に功績があった功労賞では、近藤成章 相談役、松尾隆徳 法人アドバイザー、日比野國俊 法人スーパーバイザー、山口幹夫 相談役、宮瀬文夫 相談役の五名が授与されました。

a0047772_17343729.jpg倫理17000ライセンス 認定証授与では、有楽製菓株式会社・河合伴治様、株式会社ホワイト商会・山口幹夫様に、三年ごとの見直しに認定され授与されました。

a0047772_17355991.jpg一般社団法人 倫理研究所 法人局 東海・北陸方面 那須隆方面長は、「今年の干支の“午”は動物ではなく、時を現しています。干支は60年の周期で一巡し、60年前は高度経済成長期にありました。今後は、浮き沈みはありますが、必ず良くなってくることでしょう。しかし、少子高齢化が問題視されていいます。高齢化は、よろしくないことではなく、むしろ喜ばしいことであり、少子化が問題である。現在の出生率1.41では、毎年日本の人口が20万人減り続けることになる。これではいずれ、日本が無くなってしまう。それに気づかないのが問題である。企業内の女性が安心して結婚、妊娠し、出産できる環境をつくらなければならない。そんな企業環境を整えるのが、倫理経営です。人間教育最後の砦が企業です。ですから企業の使命は大きい。東日本大震災の災害は大変でしたが、反面、自主的に共同体ができてきた事は良い事です。企業においても、優れた共同体を作って行く事が、倫理法人会が目指すところです」と、挨拶。
a0047772_17363534.jpg
地区長新年の挨拶で、
◆名古屋南地区 岩田満地区長「夫婦愛和を実践し、目標達成を信じて進む」
◆名古屋北地区 大竹美保子地区長「統合単会を元に戻るよう、役員だけでなく、会員と一丸となって取り組む」
◆尾張地区 船引嘉明地区長「地区の活気が出てきて楽しみです。淡々と推し薦め目標達成」
◆東三河地区 早川比呂太地区長「退会が少ないからと気を緩めることなく、目標を達成して行きます」
◆豊田地区 早河兼義副地区長「普及ナンバーワンを維持し、役員朝礼の充実と、倫理経営講演会に未会員20パーセント」
◆西三河地区 吉川正敏地区長「着実な実践で、単会ごとの目標達成を確信しています」
◆知多地区 山本昌弘地区長「憂いることなく、元気で明るくやりきるだけ」

第二部懇親会は、各委員会新年の抱負を発表し、会三役と那須方面長により、威勢良く鏡開きから始まりました。
a0047772_17394292.jpg

お正月らしく賑やかに、“TKJ盛り上げ隊”により「愛知はひとつ」と題した歌と踊りで会場が盛り上がった。
a0047772_1739767.jpg

倫理法人会の歌「日本創生の詩」を全員で斉唱し、自然に肩を組み合いながら輪が広がり親睦が深まった懇親会となった。
a0047772_1740649.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2014-01-11 17:29 | やる気集団に成長! | Comments(0)

『「2014年の政治」と倫理』大塚耕平様

1月7日名古屋市中央倫理法人会の“新春特別モーニングセミナー”は、KKRホテル名古屋に、参議院議員・名古屋市中央倫理法人会 顧問 大塚耕平様を講師に迎え『「2014年の政治」と倫理』をテーマに講話。
a0047772_16503463.jpg十干、十二支の組み合わせで、干支(えと)があり、今年は「甲午(きのえうま)」。60年で一巡するので、60年前120年前の社会状況を参考にすると現代が見えてきます。1954年は高度成長期に向かおうとしている時代でした。
日本には素晴らしい漢字の文化が混在し続けている。漢字には意味がある。いつの世も不変の「倫理」の「倫」の字は、人の集まりの中での秩序であり道を表す。いろいろな考え方や捉え方もありますが、その中で話し合って調和していく事が大切なのだと思います。

a0047772_16511151.jpg安倍首相が云う“積極的平和主義”の意味も、積極的に自国を主張して平和を貫くのか、積極的に平和であることを主とするのか、捉え方が人それぞれであるが、それもバランスとることが大切だと思います。
政治経済の面でも、事実をきちっと把握することが大切。そこで人それぞれの考え方をバランスとっていくところに倫理があります。
中国の軍事行動は、昨年一年間の東アジア情勢の現実を見てくると、いろいろのかことが起き憂慮するところも多々あるが、良いか悪いかは別として、まずは客観的な事実としてみることが大切です。
a0047772_16512179.jpg
経済を見てみると金融緩和によって見かけは良くなったように見えるが、健康的な経済ではない。健康体の経済にして行くにはどうすればいいのか。
いろいろな考え方があるので、人馬一体となって事に当たり、日本を良くしていかなければなりません。
それには皆が、倫理の道を踏みしめながら進み、日本を支えて行くことが望まれる。
参加者97社100名。
多くの参加、ありがとうございます。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-01-09 16:54 | MSゲストスピーチ | Comments(0)