「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

7月の予定表

a0047772_11343640.jpg

7/25 名古屋北地区合同イブニングセミナー(ウインクあいち)
7/29 緑区倫理法人会との合同モーニングセミナー
も、あって盛りだくさん!
多くの方の参加を、お待ちしています。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-27 11:34 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

「四回の倒産を経験した男の創業物語」東文弘様

6月10日のモーニングセミナーは株式会社 誠和(サンクスグループ)代表取締役 会長・名古屋市熱田・港倫理法人会 会長 東文弘様「四回の倒産を経験した男の創業物語」

a0047772_857239.jpg小学校5年の時、家業が行き詰まり倒産し、家がなくなった時、倒産の辛さを知る。在庫品を処分して生活費にするために母親に連れられ売り歩いた。情けを得るためだったが、子供心にとても嫌だった。22歳の時結婚し、メンズショップ開業し2年後に廃業。そんな頃から妻が強くなり、会社を運営するのが嫌になった。
だから、雇われの身のサラリーマンになり、勤めた会社が倒産してしまいました。その時も、取り立ての厳しさに、倒産の悲惨さを目の当たりにする。
4回目は、姉の会社の保証人なっていて、その会社が倒産。雰囲気がおかしいので内部事情を調べてみると酷い状態であった。企業は末期になる前に廃業するべきで、倒産させるべきではない。
何度かの倒産を見て来て、倒産は自害する人もいれば、再生する人もある。会社をつくるなら、従業員が安心して、生涯働ける会社をつくるべきだと思った。
a0047772_8572270.jpg自分の性格からか、頭を下げてサラリーマンとして使われるのがどうしても嫌で、会社を立ち上げることにした。会社は商品を売るのではなく、理念を売ると定め、パンフレットには「私たちはサンクスグループ理念を販売します。」と掲げた。
ありがとうを通じて共に感動成長する企業を目指します。
「ありがとう」で相思相愛の関係を創ります。
「感動」で信頼関係を創ります。
「成長」とは次の一歩を踏み出し続ける事です。
「企業」とは自分のパワーを仲間の為に使う事が出来る集団。
業界の中で何か日本一を目指すことが力になり。ネット販売で日本一を達成することができた。
とにかく、心に決めること。そして、理屈抜きにやってみるのが、私の信条です。
事業は息子に継承し、会長の立場になって、雑用に飛び回っている。
企業は放っておくと崩れていく。家庭もそうである。妻には辛い淋しい思いをさせた。離婚寸前でも私について来てくれた。心はお金で買えない。心の学びを倫理法人会でして、倫理法人会の会費は安いくらいである。
a0047772_8581562.jpg

倒産を経験しても、自分の企業に戻れたのは、両親の家業倒産の思いを知っているからである。その時から、何が何でもやる癖がついた。38歳の時、共同出資「誠和」を立ち上げるが、3ヶ月でダメになる。リーダーが三人いたからである。私が買い上げて引き継ぎ今がある。企業は、一つになれないとダメである。何が何でもやると、心に決めてすることである。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-16 07:54 | MSゲストスピーチ | Comments(0)

DVD研修「全国役員代表者会ダイジェスト」と会員スピーチ

6月3日のモーニングセミナーは、DVD研修「全国役員代表者会ダイジェスト」

a0047772_8383097.jpg9月22日から23日グランドプリンス新高輪ホテルで開催された“全国役員代表会”は、倫理法人会活動の意義をあらためて理解していただき、倫理実践に活用するためです。
永年、講師で活躍されている、101歳の大久保愛子様は「倫理が命を助けてることを、実感している」と、話されている。
倫理運動の源となっている、“家庭倫理の会”は、家庭を良くするために、書道と短歌の文化活動や、子育てセミナーセミナーを開催、また、生涯学習活動の一環として毎朝5時より開いている「おはよう倫理塾」では、全国470ヵ所で老若男女が日々純粋倫理の学習と実践にいそしんでいます。会員数は、約20万人余です。月刊誌「新世」は通算800号になる。
研修施設の、富士高原研修所の受講者は55万人を超える。
丸山奨学金、内モンゴルの沙漠緑化、震災りんりん基金、等の貢献活動。
東日本大震災の被災地では、震災後も倫理活動はすぐに自主的に再開され、倫理の学びが活かされている。「なぜ倫理が必要か。困難にぶつかっても必ず開ける道があることを教えてくれている」と、被災地の会員は語られていました。
中国事務所の于振忠主任は、日本人が嫌いだったが、倫理の緑化隊との出会いによって、日本人の見方がかわり、倫理の素晴らしさを知り、中国に倫理を普及する為に、中国事務所を立ち上げた。

a0047772_839394.jpg
下村博文文部科学大臣は、「教育再生には倫理が必要不可欠である。官民一体となって取り組むことです。」
丸山敏秋理事長は、
「倫理法人会活動はモーニングセミナーを充実させ、会員を放ったらかしにしないこと。倫理の基本は“自分が変わる”ことです。
そして、創始者の念願を進めることです。信条を明らかにすることです。
1.我等は、喜んて苦難に当たり、進んて己の本分を完くいたします。
2.我等は、一宗一派に執せぬ高き信仰と、道義の実践とを、生活の両翼といたします。
3.我等は、ます和やかな家庭をつくることを、実行の第一歩といたします。
4.我等は、日本文化の本質を明らかにし、世界の文化を摂取して、生活の向上に努めます。
5.我等は、人を愛して争わす、世界の平和に貢献いたします。
a0047772_8393483.jpg

日本の本質を明らかにすることです。そのキーワードは
【再建】道義の再建こそ日本創生。
【貢献】貢献することは、実践すること。
【報恩】ご恩に報いる。恩の中に生きていることの自覚。
世界の共通の価値観は、愛と平和です。倫理研究所の目的は、倫理の研究ならびに実践普及により、生活の改善、道義の昂揚、文化の発展を図り、もって民族の繁栄と人類の平和に資することを目的としています。
人は教育を受けて人になる。現代は教育再生が急務です。教育は、家庭、学校、地域、企業が一丸となって取り組むことです。
そのためにも、企業を教育の場とし、倫理法人会を強靭な組織にして行きたい。ただ推し進めるだけでなく、しなやかさを持って進めていきましょう。
倫理拡充の鍵は、実践者を増やすことです」

================
【会員スピーチ】 黒田太郎幹事
ただ今のDVDを見て、震災を受けても、倫理があれば助けられるのだな〜と思いました。私も、倫理があったから助けられました。

a0047772_8395988.jpg今回職場を辞することになり、その7年間でいろいろあり、いい仕事もできが、辛かった時もあります。その中でも、存在を否定されたことが辛かった。従業員の存在を否定しないで欲しい。存在を否定する言葉を浴びせられると、マイナスの気持ちでしか受け入れられない、いい仕事もできない。自分を好きになれない。だから、酒に逃げるしかない。
18万円のセミナーにも参加しました。
そんな時、倫理法人会に誘われ、渋々参加しました。参加していると、倫理は知らないうちに役がまわってきます。幹事ということで、モーニングセミナーの朝礼や、進行を体験し、気持ちよかった。そして、元気になれる。
よくわからない中での、モーニングセミナー委員長になっていて、マイナス感情の自分が、モーニングセミナーで、活力を得ることができた。
今回職を辞することにより、大きなチャンスを得られた。12年間の苦労が報われた。
倫理法人会には、個人で入会し学び続けます。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-15 07:50 | DVD研修 | Comments(0)

会社訪問

会報誌「倫理あいち」掲載用取材の為に
今回は、名古屋市中区栄4丁目16-8 栄メンバーズオフィスビル3F
株式会社 東海会館
代表取締役 野田乃武子様を訪問しました。

a0047772_1835186.jpg
 先代は、長者町で繊維問屋を営んでいましたが、繊維不況で備えておいた不動産を活かして、貸しビル業に移行し名古屋でのレジャービル先駆者でもある。
15年前に、新しい事業としてアパマンショップの東海エリア1号店として仲介部を立ち上げ、現在、栄店・御器所店を運営。小学6年卒業文集に、将来の夢を「女社長になる」と書いて、皆から笑われましたが、現実になっているから、言霊はすごい。目標は思っているだけでなく書くこと!
 経営者として律する為に、各所の自己啓発セミナーに参加もしました。そこで印象に残っているのは、「自分の会社を外から見ること」です。当初は意味が分からなかったが、自社を客観的に見てみると、お客様の為にすることが明確になってくることが分かって来た。スタッフは真面目で、我が社の宝である。
 現在取り組んでいることは、未だに震災のダメージが大きい東北の子供たちを支援したいと思い、子供たちに夢を持ってもらう為に、名古屋在住の絵本作家ながおたくま様と一緒に、企業の協賛を得て、紙芝居を作成しました。アナログな紙芝居が良いのです。東北の幼稚園・保育園230カ所に直接連絡し、それを、お菓子と一緒に届ける活動がはじまります。電話で園長先生に、このプロジェクトの趣旨を説明すると、心より喜んで頂けることが力になり、名古屋から片道800kmを、車で走り向かいます。

a0047772_18343148.jpg
 「万人幸福の栞」17ヶ条は、仏教の教えそのもので、現代に最も必要なこと。心の経営をめざし、人に喜んでもらえることを一所懸命し、見返りを求めない。与えるだけ。そのことで自然に協力者が現れ助けられ、与えられる。有り難い。
 7年後の65歳には会社を離れることを目標とし、紙芝居活動が海外に展開させる夢を、野田様はおおらかに語って頂きました。























この下の広告は、倫理法人会に関係ありません。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-03 18:36 | Comments(0)

6月の予定表

a0047772_1553891.jpg

[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-01 15:06 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

「公教育と倫理」梅村清春様

5月27日のモーニングセミナーは、豊田市南倫理法人会 副会長・愛知大学名古屋教務課程センター室事業主任 梅村清春様を講師に向かえ、テーマ「公教育と倫理」

a0047772_1459263.jpg3月まで中学の校長をしておりました。その後は大学で教職希望の学生の支援をしています。
羽生結弦選手はなぜ優勝できたか。羽生選手は、会場入りをしてまず氷を優しく撫で挨拶。終わってからもスケートリンクに挨拶。場所に挨拶をすることが出来ているのです。掃除すること挨拶することで、場を清め心の浄化をさせる。浅田真央ちゃんのユニホームの裏側に、「どちらに転んでも大丈夫」との言葉が縫い付けてある。全てこれが良い、全個皆完の原理である。だから転んでも、あそこまでできる。
倫理を学んで気づいたことが三つあります。
(1)挨拶と返事の勢いが違う。挨拶一つに命を懸ける。人間性も簡単に磨かれるものではない。挨拶一つに心を込める、挨拶は人間関係の元である。心が技術を超えなければ成就しない。微差は大きな差になる。小さなことを徹底する。
(2)まずは他人ではなくトップが徹底する。そのことを知って、自分の世界が急激に広がった。学校の常識は、世間の非常識になっているのではないか。倫理との出会いが宝である。
(3)人は鏡である。地位が上がると苦言を呈する人がいなくなるもので、このことに気づかないのが怖いことである。お客様や社員に心を向けてもらうには、約束を守る、掃除をすること。倫理では立派な人間になるのではない。愚かな自分を知ること。

a0047772_151066.jpg学校は、本来ワクワクするところでなくてはならない。私は給食で、珍しい食べ物で食品を知り、科学では実験をするのが楽しみだった。近所のおじいさんやおばあさんが怖かった存在でした。それは。悪いことをすると怒ってくれたからである。昔は地域力があった。現代はないのが苦しいことです。塾へ行き、ピアノ等の習い事で、専門性のレベルが高いから、学校に魅力がなくなってしまった。政治や経済も教育も変革の時である。そんな時過去はヒーローが現れたものである。現在はむつかしい。学校がヒーローになれればいい。学校が、地域文化の発信基地になれればいい。教師力を上げること。考えさせる教育力、知識の切り売りではいけない。この学校に行きたい学校。行かせたい学校にする。
自己有余感がない子供たちに、人の役立つことを意識する子を育てる。かつて「足るを知る」人種であった日本を取り戻さなければいけない。
a0047772_1514288.jpg
教育に学校に倫理を落とし込むことに取り組んでいる。道徳の時間だけでは、難しいので、普段から「声を出せ、汗を出せ」と言っている。心に楔を入れることが必要である。今に心を入れれば、「念」の字になる。憂いる人の隣に、人が立つのが「優しい」事だと、遊び心で教えると興味を持つ。校長時代に率先して倉庫の掃除や、トイレ清掃をした。人が喜ばないことを率先してトップがすると、他の人に必要になる人になる。奇跡の出会いである生徒を大切にする。学力が、下から数えた方が早い学校であったが、生徒に声をかける事。勉学のことを一言も言わなくても「声出せ汗出せ」で、学力が上がってきた。
生徒は未来を担う人になるから、生徒との出会いを大切にする。
[PR]
by 7584tyuo | 2014-06-01 15:03 | MSゲストスピーチ | Comments(0)