「元気で行こう!」を旗印に活動を展開している経営者集団
by 7584tyuo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
倫理法人会とは
倫理法人会の活動は
入会手続き・特典は
やる気集団に成長!
健全な繁栄
モーニングセミナーの案内
プチ情報
サンデーモーニングセミナー
MS高木参与講話集
MS会員スピーチ
MSゲストスピーチ
イブニングセミナーとMS
月刊予定表&今月の言葉
DVD研修
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
明瞭な講話をありがとうご..
by 7584tyuo at 20:24
モーニングセミナーではお..
by 中村亜綺 at 09:51
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 16:37
カテゴリの「倫理法人会と..
by 7584tyuo at 15:28
宗教ですか?
by 中央倫理法人会は at 18:03
しっかりとした作りで、デ..
by ゴヤール トートバッグ at 07:55
インタラクティブ・アニメ..
by グッチ at 16:54
完成度を極める為に彼女が..
by モンブラン 手帳 at 10:37
ffxiv gil co..
by ffxiv gil at 02:39
そのほかには、デザインや..
by モンブラン 財布 at 21:58
リンクBOX
最新のトラックバック
名古屋(愛知県)の宿泊
from 名古屋ホテル
寝たきり、リウマチ、認知..
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
アミノ酸
from アミノ酸ゼリーで、疲れにくい体
鏡の法則 人生のどんな問..
from 情報基地
結婚式 スピーチ 友人 ..
from 結婚式 スピーチ 友人 例 ..
4月30日(日) 鈴木正..
from 教務日記
投資に役立つサイト募集中!
from ワクワクスタイル
黒と白との細胞 自然体の..
from 宮沢賢治の風 from 方城渉
猫背の直し方
from 猫背の直し方
眠気がふっ飛ぶ秘密の裏技!
from 人たらしの心理操作テクニック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:月刊予定表&今月の言葉( 146 )

4月の予定

a0047772_17524472.jpg

【今月の言葉】 地球倫理ファーラムに於いて遺伝子工学の権威、村上和雄[筑波大学名誉教授]の講演を興味深く拝聴。
 才能は環境によって左右される。そして遺伝子のスイッチをon(働く)off(働かない)によっても左右される事がわかってきた。人は普段働いている遺伝子は約3パーセントに過ぎない。眠っている遺伝子をonにすることにより、大きな可能性がある。細胞の中の全DNAは三十億もの膨大な遺伝子情報を持ちながら、そのほとんどはonになっていない。
 すなわち一個の細胞に千ページの本を三千冊積み上げた程の情報量が、肉眼では見ることができない細胞に詰まっており、それが六十兆も集まって人の体ができている。
 目に見えないものの価値、「サムシング・グレート」の存在は人知を超えた何か偉大なもの存在を認めなければ説明がつかない。「サムシング・グレート」は全ての生命の元。いのちの親である。「頂きます」「お陰様」「勿体ない」「有り難い」は何に対してでしょうか。病気は「サムシング・グレート」からのメッセージであるから、ネガティブなメッセージをプラスに変えることである。
 さ〜遺伝子onで生きるモーニングセミナーに行こう。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-03-28 17:53 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

平成19年3月の予定

a0047772_1122173.jpg
【今月の言葉】
 先月の「蘇るこころとからだ」の続きです。
 いつもでも健康で元気に過ごすことができれば、それが一番いいに決まっています。でもかかってしまったら、どうします?そのときこそ、病気を治す手立てをはかる一方で、自分や家族の日ごろの生活のしぶりや生き方を振り返ってみようよといいたかったのです。 病気というネガティブな姿からいって、人はこれをどうしても否定的に受けとめがちです。しかし、じつは私たちがより豊かな人生を生きて行くために、さまざまな気づきをもたらしてくれるのが病気のほんとうのすがたです。だから、そこに目を止めることなく、単に治してしまうだけではもったいないと思うのです。(「蘇るこころとからだ」より)
 ある医師は、ほとんどの病気の原因は、日ごろの思考を含め生活習慣にあります。 ですから病気であるなら今までの生活習慣を変えなければ、病気が治ったと思ってもまた再発してしまいます。生活習慣病はその典型的なものでしょう。生活習慣を変えなければ変りません。
 その最短コースが朝の生活習慣変えることです。モーニングセミナーに参加するようになって健康になった実例は多い。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-02-28 11:04 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2月の予定

a0047772_16323088.jpg
【今月の言葉】倫理法人会で学ぶ「純粋倫理」の教科書となっている『万人幸福の栞』の序の冒頭には「苦しみを喜んで迎え、病気になれば「おめでとう」という時代が来た。」と記され。また七条「疾病信号」には、「病気は実は、困ったもの、人生の苦しみなどではなく、有難い自然の注意、天の与えた赤信号であるから、喜んでうけて、間違いを直すべきである。」と書かれている。
十二月中旬に発刊された「蘇るこころとからだ」(新世書房)を入手し、7つの実例を元に解説された内容は、興味深く読むことができた。後半のエピローグに「・・どんなに節制し、健康管理に万全を期しても、百パーセント病気にならないという保証はありません。なぜなら、健康とはからだだけでなく、こころや魂までのレベルを含めて、そのいずれもがバランスよく、トータルに調和が取れている状態をさすものだからです。こころとからだは密接不可分の関係にあり・・」とある。こころの健康管理は、実践に移さなかれば意味がありません。行動を変えずして今までの不足不満の生活からの脱却はできません。
モーニングセミナーに参加して『万人幸福の栞』に学ぶ一日のスタートが一週間に一回はあってもいいのではないでしょうか。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-01-31 16:33 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2007年1月の予定表

a0047772_17233131.jpg

【今月の言葉】あけましておめでとうございます。
 私たち倫理法人会の活動は、只単に事業の繁栄だけを求めるものではありません。実行によって正しさが証明できる純粋倫理を根底に、家庭や地域と共に真の繁栄を目指します。
 自分さえ儲かれば良いというモラルの低下が様々な社会問題の要因になっていることに気がつかなければなりません。
 それには、千五百社達成記念の丸山敏秋理事長の講演で冒頭に述べられた、「朝を大切にする」「家族を大切にする」「実践を大切にする」ことにあります。
 企業リーダーのゴールデンタイムは朝の時間にあります。朝の清々しい空気の中で、ひとりの自由時間を楽しむ習慣を身につけることです。朝日を拝む、体操・読書・資格勉強・座禅・瞑想・手紙を書く・短歌・書道・清掃・・・・普段こんなことをやってみたいけど、時間がないと思っていませんか。時間は自ら作るもの。ちょっとした早起きの習慣が、一生の中での時間に大きな得になり、徳になる。
 さあ、今年こそ早起きの習慣を身につけるために、モーニングセミナーに行こう。
[PR]
by 7584tyuo | 2007-01-01 00:01 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2006年12月の予定

a0047772_9504967.jpg

【今月の言葉】 創始者丸山敏雄は昭和二六年一月号の新世の「早起」からの抜粋のつづきです。
「朝起きは繁栄の第一歩」これはつくり飾りの標語ではありません。真実、喜んで実践した会友が、その光明に人生が開ける。健康な肉体に立ち返る第一歩、それは、皆早起きからであるのです。(早起きされている方から直接伺えばハッキリわかることです。)初めの頃は、朝早いので、夜早く寝なければと、その方にも気をつけていましたが、日がたつにつれて、夜寝床に入るとき、早いとか、遅いとか、そんなこと一切考えず、今日も一日、無事に働かしてもらった。健康で世のために、働かしていただくことが、何とも言えぬ喜びとなってきます。
 早起きの秘訣? そんなものあるものですか、ただ「やれば出来る」のです。さあ明朝から早く起きるぞ、と決めて起きたらよいのです。私が最初に朝起きしたのは、そうでした。決心のしようなど、あるものではありません。ただやるだけです。難しいぞ、など思うから難しい。始めるとなれば、何もかもありません。
 何の不安ももたぬことです。眠りとは、何時間とらねば行けないという窮屈なものでなく、与えられた時間をぐっすり眠ればいいのです。
[PR]
by 7584tyuo | 2006-11-27 09:52 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2006年11月の予定

a0047772_10365379.jpg

【今月の言葉】 創始者丸山敏雄は昭和二六年一月号の新世の「早起」で、こう述べております。
 人間の不幸の原因である「ワガママ」これはいったい何から始まったのでしょうか。 人間はその初めの頃はハトのようにオシドリのように、夫婦仲よく、愛の家庭を結びましても、決して朝寝はしていなかったに違いありません。
 子どもが生まれ主人が子供達が暖かい布団にくるまるようになってからその心地よさについズボラを覚えたのでしょう。今日の人たちは、そろいもそろって朝寝坊ですから、早起きする人たちを、珍しがって感心するといった変わりようです。早起きは当たり前の事で、何もほめたり、はやし立てたりするものではありません。 こうして「朝寝は、我がままの第一歩」でとうとう癖になってしまう。これがもとで、強情をおぼえ、ズボラをおぼえ、不純な心のニゴリは日に月に積もってくる。
 こうして人の健康と、経済と、家庭の精神生活の上に、大きな暗影をなげかけてくる。「人生の不幸は朝寝から」しだいにしだいにもつれだして、今日のような、悩みの人生が生まれてきたのです。
 早起きの習慣はモーニングセミナーから始めましょう。
[PR]
by 7584tyuo | 2006-10-29 10:39 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2006年10月の予定

a0047772_13313678.jpg

【今月の言葉】
自分の我がままによって苦難が生じ、苦難は生活を立て直す手段を知らせてくれる有り難いものであり、純粋倫理は、我がままを捨てる勉強ともいわれます。その実践の最短に、朝起きがあります。しかし一般に、朝寝が我がままとは思っていませんし、辞書には朝寝坊が我がままとは書いてありません。実際生活に置き換えて考えてみると、朝寝して時間ギリギリで焦って行動しては、物事がうまくいかないのは当然です。大自然は太陽が昇ると同時に動き始めています。しかし人間はいつまでも寝ていたい、もう少し眠っていたいと、当たり前のように思うところがあります。いつも寝る時間が遅いのから、モーニングセミナーの時間に間に合うように起きると、睡眠時間が短くなるので起きられないと思われている方が多いのではないでしょうか。しかし、ゴルフや遊びに行くのであれば起きられる。この違いはなぜでしょう。自分の行動を自分の常識の中で決めているからです。これが我がままです。倫理法人会では朝の活用を推奨し、朝の素晴らしさを体験して戴きながら、我がままを捨てる実践につなげています。夜の考え事はマイナス思考になりますがちですが、朝の思考はプラス発想であります。
そんな切っ掛けを掴む第一歩がモーニングセミナーです。
[PR]
by 7584tyuo | 2006-09-24 13:36 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

2006年9月の予定

a0047772_11505560.jpg
【今月の言葉】大手企業のクレーム隠しや、偽装請負の問題が毎日のように新聞記事を賑わしています。
クレームが発生することは企業にとって非常に困ったことです。利益最優先の企業風土ではそれを隠す方向に走り、長い目で見てみると一時的には隠せても、企業の利益になっていないことが立証される。
倫理法人会で学ぶ企業姿勢は「クレームは広告塔」である。クレームが発生したならば最優先に対処することです。企業の弱点を教えてくれる有り難いものなのです。有益なものと受け、まごころ込めてクレーム対処することにより信頼感が増します。目先の損得に囚われていると、そのことに気がつきません。
今この時代に、倫理経営を学ぶ企業の仲間を増やして行かなければ日本が危ない。
朝から学ぶ企業リーダーの姿勢が社風を変えます。
さあ〜九月からは新年度です。モーニングセミナーに出かけましょう!
[PR]
by 7584tyuo | 2006-08-27 11:47 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

06.8月の予定

a0047772_12301992.jpg
【今月の言葉】「我が国は今、大切な時に当たっております。というのは、道義は乱れ、宗教心は薄らぎ、目を覆わしめることも少なくありません。
 今にしてこれを改めなければ、悔いを後に残すでしょう。日本の再建は単なる理論や掛声だけで出来るものではありません。目の前の一歩一歩を、明るく、正しく、喜んで、しっかりと、ふみしめて行く、これ以外に道はありません。我国は、古いだけに間違いも積み重なり、悪い習慣も多く、知識の上からも道義の点からも、世界の国々に、遅れていることがはっきりと分ってきました。これもまた、今改めなければ、再びその時機は参りますまい。
 これを見、これを思うと、たまらない気になります。至らぬながら、自分一人で間違いの責を背負って立つという強い決心で進みましょう。
 このままに捨てておいたら、日本が地上に存在する意義もなくなるでしょう。
 自ら助けるものでなければ、天は助けません。
 本会は、こうした止むに止まれぬ念願から発足致しました。」
これは、倫理研究所の前身である「新世会」発足の趣意書です。
創始者、丸山敏雄が昭和22年9月に作成したものです。
現代でもピッタリとあてはまる現実を、どう思われますか。
朗らかな家庭と、明るい職場づくりが日本を良くする運動に繋げるために倫理法人会は取り組んでおります。
そのためにはまず、企業リーダーの学びが必要なのです。
会員の皆様は自信を持って、高い志をもって取り組みましょう!
[PR]
by 7584tyuo | 2006-07-31 07:24 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)

06.7月の予定

a0047772_656511.jpg
【今月の言葉】人生は出会いであると、よく言われる。不思議な出会いに「縁」があるという。時おり「良縁に恵まれた」「これも何かの縁」などの言葉を見聞きすることもあります。「縁」という概念は「縁あって、この仕事に従事している」「大金には縁がない生活」など、人間関係以外の物事に対して
用いることもありますが、多くの場合「人と人の不思議なつながり」を表現するために使われます。
かつての日本は「縁」というキーワードによって結ばれた共同体であったように、助け合いながら生きてきました。「袖擦り合うも他生の縁」という言葉通りに、人々が積極的に助け合いながら生きてきました。ここでいう「他生」とは、人と人とのつながりの中で他のために生きる人生であるべきと考えたからからでしょう。
しかし現代は「自分には関係ないや」と自己中心的な生き方が蔓延しています。良き時代の日本人精神の復興には「縁」あって純粋倫理を学べるチャンスに恵まれた事です。一緒に少しでもできるようにするに倫理法人会のモーニングセミナーで学びましょう。
[PR]
by 7584tyuo | 2006-06-27 07:02 | 月刊予定表&今月の言葉 | Comments(0)